スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち位置



この時期の昆虫はほとんどが最終盤。




キボシカミキリC-02
キボシカミキリを3個体も見つけた!
一つでも嬉しいのに驚いた。
触角にクモの糸が絡みついていたので、死んでいるのかと思ったが、突いてみると緩慢に触角、前脚を動かした。
あとどの位生きていられるものか。
流石に今回の寒波で絶えてしまうか??
カマキリはとうとう見られなくなった。
撮影 12/7 埼玉県にて。




コミミズク-01
こちらはこれから越冬のコミミズク幼虫。
あくまでひっそりと冬を乗り切る。





ミスジトガリヨコバイ-01
こちらは成体での越冬。
ミスジトガリヨコバイ。
ヨコバイの中では大柄なので見栄えがする。
コミミズクとヨコバイ共に 12/4 埼玉県にて撮影。




クロスジフユエダシャク-02
この寒い中、活動のピークを迎えるフユシャク。
昼行性のクロスジフユエダシャクだろうか。
撮影 12/6 栃木県

厳しい状況で繁殖活動をするのは同種とのかち合いをを避ける為??
それでも鳥などに捕食される危険は多分にあるのだが。
ん?その為の夜行性か?

今季は怪しいオッサンになって夜探ししてみるか?!























スポンサーサイト

トンボ終認???



今季最後になるかも??
と、12/2にトンボを探しに行ってみた。
当日は晴れてはいたが、非常に風が強かったので懸念されたが、いくつか見る事が出来た。




ミヤマアカネ-11
ミヤマアカネは比較的個体数は多く、10位は見られたと思う。
当地では決して少ない数ではないと思う。



ミヤマアカネ-01
ぺったりと腹部を岩に付け温まっている。
♀は♂よりも少ない様で、これから伴侶を見つけるのは大変そう。




マユタテアカネ-02
マユタテアカネは連結しているのを見つける。
強風の中、健気に産卵していた。




ヒメアカネ-01
あれ?ちょっと違うアカネを見つける。
ヒメ?マイコ??
あまりに老熟しすぎて、どちらか分らんぞ??




ヒメアカネ-02
尾部をしっかり撮ろうと思ったが、思いのほか敏感。
飛び去ってしまい、残念。




コカマキリ-01
剽軽コカマキリも!
産卵間近か?パンパンの腹。



例年、12月にトンボを探しに来ると、ミヤマアカネやマユタテアカネと同数程度のキトンボがみられる。
マユタテなどの個体数が減る寒さになっても、キトンボは生き残る様なイメージがある。
今回ミヤマは10程度、マユタテは少なくとも20個体位は見られた。

前回11月上旬に来た時にもキトンボはようやく一つ遠くに見られただけだったが、今回は皆無。
もともと、多産地というほど沢山発生していたわけでは無い。
そこに、連日の様に捕獲者が入ればこんなものなのだろう。
いよいよ風前の灯?




珍客と常連



ニュウナイスズメのシーズン到来。
多分去年も冬の間一番撮ったのはニュウナイ。
今年も例年通り二つの群れが近所に滞在中。

と、今季3度目に赴いた時の事である。
現地到着。
上空にカラスが喧しい。
カラスは大きな鳥を追っていた。
パッと見、体長カラスの倍ほど!!




クロヅル-01TR
なんとクロヅルの様だった。
まさかこんな所で見られるなんて。
ゆっくり飛んでいる様に見えたが、あっという間に双眼鏡の視野から消えて行った。
流石に大型の鳥は違うな~と感心しきり。





ニュウナイスズメ-01
そしてレギュラーのニュウナイスズメ。
この写真は主に撮影している、北側の群れ。
こちらはほとんどがニュウナイスズメ。
200~300羽程度の群れである。
たまにカワラヒワが20羽程度混ざる事がある。






ニュウナイスズメ-05R
面白いのが普通のスズメが1羽だけ混ざっている事。
去年も1羽のみ見られているので同じ個体なのかもしれない。
すぐ近くにはスズメ200羽程度の純群もある。
なぜ、同類の方に行かないのか?
この個体は繁殖地からニュウナイスズメと共に渡ってくるのだろうか?
なかなかに興味深い。

南側にもニュウナイスズメの群れが有るのだが、こちらはニュウナイ:ただのスズメ=75:25位の比率で混在している。
色々な群れの形態が出来上がっているが、その原因は果たして???





近場



11月は出不精で近場での観察探索のみ。
季節の移り変わりだけは感じる事が出来るので十分に楽しい。
今回は北本自然観察公園の発見物。




ジョロウグモ-01
クサギの実を背景にジョロウグモ。
葉の落ち始めた今頃が、彼女たちの最も目立つ時期。
しかし、これから急速に姿を消す。

さる昆虫写真家の方が、「この様に美しいクモが・・・」
とブログに書いていたが、私でさえジョロウグモは美しい様なグロデスクな様な?
ちょうど境界線上。
流石に、プロの方になると色々耐性があるのだろう??
しかし、ここ数年私もかなり免疫がついてきたように思う。
もっと頑張らねば!!??





オオアオイトトンボ-02
11/23にはトンボはついに発見できなかった。
かなり暖かかったので、あの条件で出ないのであれば、もう姿を消してしまったかも知れない。
写真は11/13撮影のオオアオイトトンボ。
11/16にはアキアカネ、オオアオイトトンボともに元気な姿を見る事が出来た。





キボシカミキリ-02
とと・・・・
トンボを見る事が出来なかったが、なんとキボシカミキリを!
まるで越冬しそうな勢いだが残念ながら冬は越せないのね・・・
盛夏のころから長く生きているカミキリだ。
大型なのに寒さに強いのは珍しい感じがする。
11/23撮影。




ムサシトミヨ-02
最近は県の魚、ムサシトミヨが展示されている。
羽生の水族館まで行かないと見られなかったので、近場で見られるのは超御得感。
自然な状態で観察できればこれ以上ない幸せだが、生息域保全の事もあるので十分に満足。







まだ頑張る!




週末航路で関東を空けていた間に、一気に相が変わってきた。
時たま声が聴かれた程度だったジョウビタキが至る所に。
アオジも姿を見せ、さらに今季初のコチョウゲンボウも。
鳥!と行きたいところだが、その前にまだまだ頑張る彼らを。




イナズマハエトリ-03
久々撮影のイナズマハエトリのレディー。
まだまだ若い個体の様に思えた。
せせこましく動くイナズマだが、食事中でゆっくりしていた。




アオオビハエトリ-01
アオオビハエトリの♂。
腹部前方に赤い帯が見える。
一般的にアオオビには赤は入らない様だ。
もう少しはっきり入るとカラオビハエトリにも似ている。
ただしこの種はかなり南に行かないと見られない様だ。




カラスハエトリ-03
でっぷり太ったカラスハエトリ。
円らな瞳が可愛らしい。




カラスハエトリ-01
お尻を上げてバルーンニング。
糸を風に流して、その勢いで自分も移動する。
ぴゅーっと視界から消えて行った。




キリギリス-01
満身創痍のキリギリス。
触角と左後肢を欠いている。
しかし健気にも翅を摺合せ、ジーと音をたてていた。




ジュウジチビシギゾウムシ-02
枯葉の上をゴミがちまちま動いていた。
ジュウジチビゾウムシの様だ。
エゴシギゾウムシのミニチュア版。
晩秋になっても見られるものなんだ。




センチコガネ-02
深い瑠璃色に輝くセンチコガネ。
糞虫を見ると、子供の頃、馬糞の中にいるきれいなフンコロガシを思い出す。
採ったものか?採らないものか?
非常に悩んだ末、手出しを止めた事が何度もあったな。
今だったら採りゃしないが撮るだろうな~。





プロフィール

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。