スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ頑張る!




週末航路で関東を空けていた間に、一気に相が変わってきた。
時たま声が聴かれた程度だったジョウビタキが至る所に。
アオジも姿を見せ、さらに今季初のコチョウゲンボウも。
鳥!と行きたいところだが、その前にまだまだ頑張る彼らを。




イナズマハエトリ-03
久々撮影のイナズマハエトリのレディー。
まだまだ若い個体の様に思えた。
せせこましく動くイナズマだが、食事中でゆっくりしていた。




アオオビハエトリ-01
アオオビハエトリの♂。
腹部前方に赤い帯が見える。
一般的にアオオビには赤は入らない様だ。
もう少しはっきり入るとカラオビハエトリにも似ている。
ただしこの種はかなり南に行かないと見られない様だ。




カラスハエトリ-03
でっぷり太ったカラスハエトリ。
円らな瞳が可愛らしい。




カラスハエトリ-01
お尻を上げてバルーンニング。
糸を風に流して、その勢いで自分も移動する。
ぴゅーっと視界から消えて行った。




キリギリス-01
満身創痍のキリギリス。
触角と左後肢を欠いている。
しかし健気にも翅を摺合せ、ジーと音をたてていた。




ジュウジチビシギゾウムシ-02
枯葉の上をゴミがちまちま動いていた。
ジュウジチビゾウムシの様だ。
エゴシギゾウムシのミニチュア版。
晩秋になっても見られるものなんだ。




センチコガネ-02
深い瑠璃色に輝くセンチコガネ。
糞虫を見ると、子供の頃、馬糞の中にいるきれいなフンコロガシを思い出す。
採ったものか?採らないものか?
非常に悩んだ末、手出しを止めた事が何度もあったな。
今だったら採りゃしないが撮るだろうな~。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだまだ

鳥ではなく、まだまだ・・・なのですね~。ひっぱりますね~。
カラスハエトリの老爺のような佇まいに惹かれます。
バルーニングというのを(知りませんでしたが)、目の前にして見ているのがスゴイですね~。

No title

こんばんは
ササキリ痛々しいですね。

私も今日ツユムシを撮りましたが、片足で
翅も痛んでました。
今年は店じまいが早いかもしれません。

糞虫は私も手は出せません(爆笑)。

No title

山ぼうしさん。まだ目につく限りは撮ってみたいと思ってます。
寒々しい風景の中の変温動物の姿には妙に惹かれています。
バルーニングはぴゅーっというのは実は大袈裟で、近くの人工物にすぐに糸が引っかかって、足元にすーっと落ちていく感じでした。
幼体だと軽いので本当に飛ぶんでしょうね。

No title

つばさ2号さん。キリギリスはササキリですか。
いつもありがとうございます!
すっかり頼り切ってしまって、こちらは進歩がありません(反省)

そうですよね~。やはり糞虫はちょっと・・・・
甲虫採集マニアは家に馬糞持って帰るとか・・・・
恐ろしいです。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。