スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち位置



この時期の昆虫はほとんどが最終盤。




キボシカミキリC-02
キボシカミキリを3個体も見つけた!
一つでも嬉しいのに驚いた。
触角にクモの糸が絡みついていたので、死んでいるのかと思ったが、突いてみると緩慢に触角、前脚を動かした。
あとどの位生きていられるものか。
流石に今回の寒波で絶えてしまうか??
カマキリはとうとう見られなくなった。
撮影 12/7 埼玉県にて。




コミミズク-01
こちらはこれから越冬のコミミズク幼虫。
あくまでひっそりと冬を乗り切る。





ミスジトガリヨコバイ-01
こちらは成体での越冬。
ミスジトガリヨコバイ。
ヨコバイの中では大柄なので見栄えがする。
コミミズクとヨコバイ共に 12/4 埼玉県にて撮影。




クロスジフユエダシャク-02
この寒い中、活動のピークを迎えるフユシャク。
昼行性のクロスジフユエダシャクだろうか。
撮影 12/6 栃木県

厳しい状況で繁殖活動をするのは同種とのかち合いをを避ける為??
それでも鳥などに捕食される危険は多分にあるのだが。
ん?その為の夜行性か?

今季は怪しいオッサンになって夜探ししてみるか?!























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
師走のキボシカミキリ、昔社宅住まいの時は
近所で良く見かけましたが、フィールドへ出て
行かねばならない実家住まいになってからは
とんとご無沙汰になっています。
やはり身近に虫がいる環境が無いとだめですね。

今日は夕方ユキムカエを探してみましたが、
食樹はたくさんありましたが、1匹も見つけられ
ませんでした。早い時間に行ってフィールドを
把握して探さないと無理みたいです。

No title

つばさ2号さん。キボシカミキリはフユシャクでもいないかと杭を見ていたら思いのほかたくさん見られてびっくりでした。
昔はよく見られたという事は、なかなか野趣に溢れた??社宅だった様ですね。.

ユキムカエですか!
なんとも情緒のあるネーミングですよね。
和名でこんなにカッコいいのは珍しいです。
私も探して見るかな~。

No title

フユシャク、始まりました!
クロスジフユエダシャクも終わりに近づき、次々にいろいろ出始めました。
もちろんユキムカエも。
フユシャクどっぷりの今日このごろです。(^^;)
思わぬ副産物にも恵まれますよね。

No title

mtana2さん。クロスジフユエダシャクは早目の羽化とは聞いていましたが、もう終盤なんですか?
そうですか~。早くもユキムカエも!
これはジッとしていられないぞ!?

↑まだまだ虫が見られるのですね~。楽しそうで何よりです。

コミミズク、フクロウかと思ったら・・・。
先日、黒い虫を見かけたので、調べようと思いとりかかったのですが、すぐに万策つきました。やっぱり素人には無理だな~と悟りました。

No title

山ぼうしさん。最近は厳冬期でもある程度の虫が見られる事を知りました。変温動物は低温だと全く活動しない物だと思い込んでいましたが、なかなか面白いのがいるものです。

そうなんですよね。今時分にコミミズクと書きゃ、そらそうですね。
黒い虫なんだろう?甲虫ですか?興味津々。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。