スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御当地植物




せっかく遊水地に行ったので、当地の名前の付いた植物を探してみる。
案内所が有ったので、ちょいと覗いてみると、ワタラセツリフネソウ残り僅か!
と表示があった。




ワタラセツリフネソウ-01
探してみるとそう稀ならず、周囲に発生しているようだった。
しかし、さすがにピークを過ぎてしまって、確かにもう一週間もしたら見られなくなるだろう。




ワタラセツリフネソウ-02
もう少し早めに来れば群落があったので、壮観だったであろう。
現時点では広角で写真を撮るととても絵にならないので、zoomで。




タカアザミ-02
周囲に馬鹿でかいアザミが沢山あった。
タカアザミというらしい。身の丈3m位??
どうも植物の写真というのは撮り方がよく分からない??
結果、花をアップで撮ったものばかりが残る。




謎花-01
こりゃ何だ???
実かと思ってよく見ると、どうやら小さな花?が咲いている?




謎花-02
ひぇーっ!悪魔の実みたい。
直径は花の様な部分も含めて30mm位か。




コウヤワラビ-01
1回羽状複葉の幅広いシダを見つける。
広い、日当たりのいい場所に沢山生えていた。
それこそ、全くシダっぽくなく。
コウヤワラビのようだ。
ヌルデの様に葉の間に翼がある。




ウラナミシジミ-01
と、足元にシジミチョウ。
大きめに見えてなんだろう??
と思ったが、裏がちらっと見えて、ウラナミシジミと分かった。
表側をじっくり見たことが無かったが、なかなかに綺麗なものだ。








スポンサーサイト

うさぎや



日曜日、上野を通ったので反射的に御徒町のうさぎやのどらやきに。
相変わらず、ほとんど御客の往来が途切れる事が無い。
甘味、スイーツの有名店だと、あえて受注から支払いまでをゆ~くりとして客の流れを止め、行列ができる様にする店も、ままある。
同じ和菓子だと、豆大福の名店、音羽の群林堂などはちょっとイライラする位並ばなければならない。
(それでも並んでしまうのだが・・こちらもなかなかの物)
しかし、当店は全くあっけない位、軽やかな客捌きを見せてくれる。



うさぎや-12
有料の紙袋は展開するとこんな感じ。




うさぎや-14
肝心の中身。
餡は豆の形状が残っている物は割と歯応えがある。
それに比べてペースト状になっている物は驚くほど液体に近い。
もしかしたら餡は2種類、異なった炊き方をしてブレンドしているのか?
とにかく、その混ざり具合がなんとも絶妙。


皮の方もしっとり、独特の風味がある。
買ってすぐに食べると、それはもう!
本当に美味しい状態で食べられるのは当日だけかもしれない。
(もちろん一日経っても美味しいが)

同じどらやきの名店 人形町の清寿軒もかなり美味しい。
こちらは餡はどっしりで皮はやや濃色で香ばしい。

しかし、うさぎやの物は、なんというか物が違う。
和菓子に留まらず、全ての甘味の中で私の中では燦然たる頂点。
これで、お値段たったの¥210なのである。




ヤマカガシ幼蛇



水辺でトンボを探していると、非常にしばしば(分かるような、分らんような日本語?)
蛇を見つける。
ふと気づくと足元に!
なんて事もそう珍しい事ではない。
殊に、シマヘビ、ヤマカガシは多く見られる様な気がする。
アオダイショウはもう少し乾いた環境を好むのかな?





ヤマカガシ-01

足元でカエル?を探していたヤマカガシ幼蛇。




ヘビにはピット器官という熱源を感知する器官があるという事を聞いた。
すっかり、全てのヘビに備わった物だと思っていた。
しかし、アオダイショウやヤマカガシ等、ナミヘビの仲間はこの器官を持っていないらしい。
日本のヘビではマムシやハブがこの器官を持っている。

以前、メジロの巣に人間が近づくと、翌日にはヘビにタマゴを捕食されてしまう事が多いという話を聞いた事があった。
これは人間の動いた熱源の跡を辿って狩をしたものだと思い込んでいたが。
視力、聴力ともに弱いヘビはこの器官の力を使って活動するものだと思っていたが、そうではないらしい。

調べてみたら、ピットではなくヤコブセン器官というのが口中上部にあるという事だ。
これは舌先を空中にチョロチョロ出す事により、空気の揺らぎ、周囲の臭い等を感知するらしい。
なるほど、熱では無く臭いだったのかと納得。


そうそう。
ヘビといえばヒバカリの写真撮りたいな~。




オオ○○ 見られず・・・・・・

ジダンさんを誘って隣県北西部の高原に。

到着時はとても寒かったが、ガンガン気温が上がり14℃にまでなった。

当地で汗かくほど暑いのはこの時期初体験だった。

オオワシやオジロワシ、さらにはオオモズも出ているらしいとの事だったが見られず。

アオシギやキバシリすら見る事が出来なかった。

ジダンさん。オオ外れの日に誘ってしまってすみません。

そんななか撮影した小鳥ちゃんたち。


ゴジュウカラ-05
ゴジュウカラ。
さすがに多いですね。
平地ではなかなか見られないので、ちょっと嬉しい。


ヒガラ-02
ヒガラ
至近距離なのにこちらに向かって飛んできた!

ヒガラ-03
ヒガラ
ぶら~~ん。


ミソサザイ-05
ミソサザイ
かわいいっす~。


ミソサザイ-12
ミソサザイ
お~。ねむねむ・・・・・zzz

高地で!!

8/13~14で新潟と長野の県境辺りを廻った。
標高の高い所は流石に色々と楽しめた。

初日は新潟。高層湿原といってもそれほど管理されていない所。その成果は・・・・・


タカネトンボ♀-04

タカネトンボ♀-05
タカネトンボ
森の中の小さな池に産卵に来ていた。産卵シーンをじっくり見るのは初めてなので嬉しかった!
ひっきりなしに♂が廻っているのだが何故見落とすんだろう??
じっくり2分くらいは同じ場所で産卵していた。


場所を移動して、やや荒れた感じの水面が僅かに覗く様な湿原。

エゾトンボの仲間が飛んでいる。
私が聞いている、典型的なエゾトンボ的な環境なので色めき立つ。


エゾトンボ-13
エゾトンボ


エゾトンボ-03
エゾトンボ
尾部を確認。
タカネトンボより若干ホバの時間が長い。しかしタカネほど一定の所で停止しなかったように思える。


その他この辺りでは。


ヒメキマダラセセリ-02
ヒメキマダラセセリ(でしょうか)


サラサヤンマ-02
サラサヤンマ。
高地では8月でも見られるとは聞いていたが、なかなか嬉しい出会いだった。


コエゾゼミ-02
コエゾゼミ。
近所ではまず見られないので記念に。


少し山を下りた公園では・・・


セアカヒメオトシブミ-02
セアカヒメオトシブミで良いと思う。
訂正 どうやらただのオトシブミのようです。祝初撮影。
と、思っていたらすぐ横に


ミドリシジミ-05
ミドリシジミ(であろう)
目の前で産卵を始めた!!!
と、もう一頭ゼフ???
えー!表面が青いゼフ??


アオバセセリ-03
アオバセセリだった。
勝手に春の蝶だと思っていたのだが。
これも初めて見た。
さらに10歩くらい歩いたところに(ほんとに大袈裟でなく)


トラフシジミ-03
トラフシジミ。
ここではすっかり蝶の歓待を受けてしまった。


モノサシトンボ-03
モノサシトンボ
はは!トンボがついでになってしまった。






翌日長野側

こちらはここ数年続けてきているので余程の事がない限り外れはないとは思っていた。
その成果は


カオジロトンボ♂-01
カオジロトンボ♂


カオジロトンボ♀-04
カオジロトンボ♀
ここでは最優先種かな?
不思議なもので、日照が乏しく気温の低い時には、人間の動きに非常に敏感であまり近づけない。
ところが、気温が上がるにしたがって無頓着になってくる。
普通逆だと思うのだが。


オオルリボシヤンマ♀-04
オオルリボシヤンマ♀
これも当地ではどこでも見られる。
それでもやはり「ヤンマ」というとウキウキする。


ルリボシヤンマ-02

ルリボシヤンマ-02TR
ルリボシヤンマ
最初オオルリボシだと思っていたが、どうもホバリングの時間も長いし環境にも違和感があった。
モニターで確認したらルリボシだった。


そして、個人的にはこの環境ではぜひとも探し出したいのが・・・


ヤバネハエトリ-04
ヤバネハエトリ
オレンジ色の矢羽模様が美しい。
高地に住む鳥はおっとりしているものだが、クモもそうなのだろうか?


そしてこちらも蝶が物凄く一杯。
以下は図鑑等で自分なりにこれかな??と同定してみた物なので間違いはかなりあると思われる。


コヒョウモン-02
コヒョウモン(かな?)


オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン(まったく自信なし)


ウラギンヒョウモン-01
ウラギンヒョウモン??


アサギマダラ-02
アサギマダラ。これは自信あり(苦笑・・・こんなのしか・・・)

その他大好きなキベリタテハやクジャクチョウ、さらにはヒオドシチョウらしき物なども見られた。


蝶以外にも


ハンノアオカミキリ-02
ハンノアオカミキリ
背面からどうしても撮れなかったのが悔やまれる。


アカハナカミキリ-01
アカハナカミキリ


アオハムシダマシ-03
アオハムシダマシ
盛夏にも見られるのは高地だからだろうか?
それにしても何度見てもため息の出る美しさだ。

またしてもあまりにも満腹の成果。
その他にも色々見られたが、とても全部は載せきれない。
成果を上手く消化できていない。

実際2日間ずーっとお腹下してたりして。
また痩せてしまった・・






プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。