スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンボ待ちの時の鳥



アオイトトンボを撮っていた時、目の前の水面にミサゴが飛び込んだ。




ミサゴ-02
あわてて、長いレンズを装着したカメラを取りに戻ったが、飛び去ってしまった。
ギリギリ撮れたのだが、なんだかすごい背景になってしまった。
あまり浅い感じの水場ではないので、冷やかし半分だったかも。
いつかはカッコいい飛び込みの写真も撮ってみたい。




アカゲラ-02TR2
ヤンマは外れの日々が続く。
そんな中の遠くのアカゲラ♂。
ずいぶんと細い枝で餌を探すものだ。




アカゲラ-01
おぉ~っし!飛んだ!
しかし被写体ブレ。残念。
アカゲラの飛翔時の美しさも素晴らしい。
こちらも何時の日かモノにしたいぞ。




アキアカネ-02
最後にトンボも・・・・
アキアカネの三連。
あまりこういう状態は見た事が無い様な気がする。


スポンサーサイト

念願!!!



ツバメチドリは相性の悪い鳥で、鳥を見始めた年とその3年後くらいに見たきり。
近所に頻繁に来ているのだがタッチの差で逃すことが多かった。
今回久しぶりにじっくり見る事が出来た。
距離が遠く写真は難しいと聞いていた。
先輩からは「君は手持ちの短いレンズだから却っていいかもよ。飛んだ時には割と近い所を素早く抜けていくよ!」
とアドバイスをいただいた。
現地について「あ~、こりゃ止まってるのは全然ダメだ」と
飛翔一本に絞ってしばらく待っていた。




ツバメチドリ-05
小さい鳥ではないので飛翔は存在感がありあり。
最初は遠目の飛翔が多かったが。




ツバメチドリ-10
2度ほど目の前を横切ってくれた!
確かに速かったがクロギンの様にどうにもならない物でもない。




ツバメチドリ-14
幼鳥も1羽。
楽しい時間を過ごせた!




マユタテアカネ-01
早めに撮れたので、ハッチョウのポイントに寄ってみた。
ちょっと寄り道と思ったが、遠かった。
何かを間違えていたようだ。(苦笑!)
おっとこれはポイント手前のぴかぴかマユタテさん。




キイトトンボ-02
ここはキイトトンボも多い。
最優先種という位たくさん見る。
というか今、どこでもそうかも??



ホソミオツネン-01
ホソミオツネンは茶色いとプレッツェルみたいだ。
美味しそうに見えてしまう。
当地では初確認だ。




ハッチョウトンボ-04
で、こちらが真打ハッチョウトンボ。
写真であの小ささをどうやって表現したらよいのだろう。



ハッチョウトンボ-03
おっと雨が降ってきた!
そろそろ撤収か。





4月に入って


北海道から戻ったら一気に春になっていた。
ちょっと遅くなったが先週からの見つけ物。




ベニマシコ-01TR
渡去間近のベニマシコ。
ムラサキハナナも方々で咲き乱れ。




ベニマシコ-07TR
♂も大分派手派手になっていた。




キジ-02
夕暮れ時。
こちらもムラサキハナナ背景。
それだけあちこちで咲いているって事なんだろう。



オナガ-02TR
新芽とオナガと鉄塔。
どんな鳥でも新芽は大好きな様だ。



ヒレンジャク-15TR
ヒレンジャクもようやく撮れた。



ヒレンジャク-05
雪とカンボクだとか新緑の中だとか。
とにかく季節感を醸し出す背景で撮らせてくれる。
良い被写体ですね。



エナガ-02
拡大してよ~見たらクモの様なものを咥えていたエナガ。



ワカバグモ-01
クモ繋がりでワカバグモ。
キレイな緑色だな~。
よく考えてみたらクモ興味のスイッチを押したのはこれだったかも。



カラスハエトリ-02
ファンキーカラスハエトリもついでに!



カメムシSP-02
え~い。おまけだ!
ヘリカメムシ?の仲間。
種名は不明。



ニュウナイスズメ-02
季節の定番。
ニュウナイ・桜。



ニュウナイスズメ-07
う~む。いたずら坊主っぽい。



ニュウナイスズメ-05
案外満開の仲だと見つけにくかったりする。



ニュウナイスズメ-03
今季も一番撮った鳥はニュウナイだったな。



ビロードツリアブ-05
春といえば欠かせないのがこれ。
ビロードツリアブの脚てろーん。



ビロードツリアブ-03
てろ~ん。
90分ほど費やして撮影。
いや・・・知らん間に時間が過ぎていくんす。





盆暮正月的一日



このところ色々ついているのだが、まだまだ続くのである。




トラツグミ-01
この日も枝に止まったカッコいいトラが撮れて、まぁまぁそこそこよしよし。
にんまりだった。



2回に渡り2時間ばかり、カクレミノの群落にてカミキリムシを探していた。
結果見つからなかった。
で、この日は違う場所にまたカクレミノを見かけた。
「まぁあんだけ探しておらんのやからのぉ。こんなとこには・・・」
「んっ?おりょりょ?こりゃまさか?」




タテジマカミキリ-01
お~よ!タテジマカミキリ!
保護色で見つけにくいという話、記述しか見聞がなかったが、それほど目立たない物でもなかった。
なにしろ私が見つけられるくらいだから。




タテジマカミキリ-05
こちらは別個体。
もう一つで計3個体を見る事が出来た。
見る人が見たらさらに見つかるのは間違いないだろう。
これは多産地を見つけたかも!!




まぁ気分いいですよね。
これでまぁ相当ハイな気分になっている訳です。
まだまだ続くのですよ驚きが。
もう十分すぎるほど良い気分になっていたのだが、森の中から
「ジョッ、ジョッ、ギョギョ、ピー」などと変則的な鳴き声!
舞い上がって耳が変になってイスカの幻聴?
と思ったら頭上の松に!!




イスカ-04TR
あんりゃ~!本当にいたのか!イ・ス・カ!!




イスカ-02TR
ま、ま、幻ではないっすよね。




イスカ-10
目の前に降りてきた個体も!



ふ~む。この勢い、一体どこまで続くのだろうか?








オオホシハジロ?

大き目のホシハジロを見つけた。
周囲に比較物がいなかったがかなり大きめに見えた。




オオホシハジロ-01
ホシハジロでも角度によって頭頂の位置や嘴の長さはかなり違って見える。
しかしこの個体はホシハジロのバリエーションは超えていると思われるがどうだろう?




オオホシハジロ-03
こちらは飛翔。
やはり首は長く見えると思うのだが。

飛び去った後は見つからなかった。




コミミズク-02_01
こちらは年末から見られているコミミズク。
とにかく広範囲を飛び回っていて空振りが多い。
こんな風に近距離ではほとんど見られない。




コミミズク-02
2:00から3時間粘ってもこんなのがやっと撮れるくらい。
しかも7打数2安打・・・





コチョウゲンボウ-04TR
その他・・・
コチョウゲンボウ♀が月を背景に。







ベニヒメヨコバイ-01
うってかわってこちらはベニヒメヨコバイ
オレンジが綺麗。




シロヒメヨコバイ-03
シロヒメヨコバイで紅白揃い踏み!!

ヒメヨコバイの仲間は、パッと見ゴミかと思うほど小さいが、マクロで撮影してみて微細な模様・色彩に驚かされる。
しかも探そうと思えば市街の公園などでも見つかる様だ。
ハエトリを探し始めた頃の事をなんとなく思い出す。




プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。