スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方丘陵地

mtさん。aさん。tさんのブログに出ていたムカシヤンマがあまりにも羨ましかったので、私も行ってみた。
現地到着が10:00頃になってしまったので遅かったのだろうか?残念ながら見られなかった。


代わりにサラサヤンマ。
サラサヤンマ-12
この個体ほど空中定位の時間が長いのは初めて。びっくりした。
これならサルでも飛翔が撮れる。


その他のトンボはシオカラトンボ位だったので、小さい昆虫等にターゲットを変更。


マルツノゼミ-01
トビイロツノゼミかと思ったが、頭部がくるっと丸いし、羽の端部も丸っこい。
マルツノゼミで良いのだろうか?


カシルリオトシブミ-01
カシルリオトシブミと思われる極小の虫。揺籃作り?


シロコブゾウムシ-01
ゾウムシの中では大きなシロコブゾウムシ


オオゾウムシ-01
小さいものばかり見ていると途轍もなく巨大に感じてしまう、オオゾウムシ。
なんかヒキガエルみたい。




あとクモ・・・・・・・

マミジロハエトリ♀-01
マミジロハエトリ♀
同程度の体長のクモ(エビグモSP??コモリグモSP??)を捕食。


チャイロアサヒハエトリ♂-04
チャイロアサヒハエトリ♂
ハエトリの中でこの歩脚の長さは極めて異端。一瞬別種かと思う。足長なのは♂だけです。


ジャバラハエトリ-02
ジャバラハエトリ♂(もしかしたらコジャバラハエトリ)
初見です。この個体は体長3mm位だったと思う。幼体かな?


エキスハエトリ-01
エキスハエトリ。もっとも特徴に乏しいハエトリ。だから逆に判りやすい。


カラスハエトリ-02
カラスハエトリ♂幼体
今季初です。秋の方が見やすい。


アオオビハエトリ-02
アオオビハエトリ アリを捕食中。
ここのところ頻繁に見られる。


アオオニグモ♀-01
番外 アオオニグモと思われる物。


tさんのブログにイトトンボの目を抱えている衝撃的な画像が出ていた。(本当に凄い!!!よくぞ掲載してくれました!!)
捕食者として強烈な印象の強いハエトリですが、この一週間沢山の個体を見てきて、歩脚が欠損している個体を見ることがしばしばあった。(晩秋の頃にはヨタヨタしているのがよく見られるが・・)
同種の個体同士で争ったり、より大きな捕食者に襲われて失ったりするのだろうか。自然界は本当に厳しいのだなー。
スポンサーサイト
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。