スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀虫だとか

トンボはこの一週間全然ダメだ・・・・・

あまりにもネタが無いのだが、なんだか暇を持て余しているので。
あれこれと。

ヤモリ-02
家に庭にいたヤモリ。
カナヘビはたくさんいるのでありがたみがあんまりない。
ヤモリは発見するとかなり嬉しい。

私 「お-!!ヤモリ!ヤモリ!ちょっと誰かカメラ持ってきて!」
我が家の皆さん 「うるせー!てめーで取りに来い!」

なんて事が年に何度かある。


ネコハエトリJ-05
ネコハエトリ幼体
ここのところ色々なハエトリの幼体が観察される。
いつも「あれ?シラホシコゲチャ♀??」とか「ヒトリコゲチャ??」などと期待しては外れる。


ブチビゲカメムシ-01
ブチヒゲカメムシ
ずーっと光沢の無いツマジロカメムシだと思っていた。
家に帰って一応調べてみて間違いに気が付いた。


アカスジキンカメムシJ4-type-R-05

アカスジキンカメムシJ4-type-R-06
アカスジキンカメムシ 4齢幼虫 赤色型 (らしい・・・)
(後日3齢幼虫らしいと判明)
キンカメムシの幼体だという事はすぐに分かったが、普通に見られるアカスジキンカメムシの幼体は、白い物だと思っていたので、これは珍種に違いないと手に汗握ったのだが。
それにしても可愛い。頻繁に触角をゴシゴシする仕草が堪りません。


DSC_1127.jpg
ベッコウハゴロモ
一応 カメムシの仲間ね。
こんなもん誰がありがたがるか!って私は結構好きなんだけど。


シオヤトンボ-01
コフキトンボ
傾げ方が、若い頃の頭悪そうオーラ全開だった舘ひろしに似てるなーなんて。


蝮のいたとこ
で、最近最大のエラー。
この上にマムシが鎮座しとったのに、不用意に近づいて潜られてしまった。
あー!悔やみきれん。
しかし「マムシ注意」って看板のすぐ横にホントにいるなんて。
スポンサーサイト

最近の色々

まだクロサナエはいるのか今週も行ってみた。

残念ながらトンボはタカネトンボとネキトンボくらいだったが他の物で色々楽しめた。

まず、昆虫

アトジロサビカミキリ-01
アトジロサビカミキリ
サビカミキリは華やかさに欠けるが微妙な渋みが良いなー。


エゴシギゾウムシ-04
エゴシギゾウムシ
先週も見たが今日は少し落ち着いて撮影できた。


テングアワフキ-01
テングアワフキ
あんた?ゴジュウカラですか??
お尻からときたまポワッポワッと泡吹いてました。




で、クモ・・・


オオハエトリ-01
オオハエトリ
この個体は大きかった。13~14mmはあったのではないだろうか。


ヒメカラスハエトリ-01
ヒメカラスハエトリ
ここでは多いようだ。


メガネアサヒハエトリQ-01
??メガネアサヒハエトリ??♂幼体??あるいはマガネアサヒの♂幼体??
アサヒハエトリの類は同定しきれない物も多数いるらしい。


ネコハエトリJ-01
ネコハエトリ幼体。
体長2mm位なので最初は何かと思ったがネコでよさそう。


ナゾハエトリ-01
そして今日一番の成果??問題??
全く見当がつかない謎のハエトリ。
最初見たときはキレワかなと思ったが、ファインダー越しに見ると全然違う。
とにかく全身が構造色っぽく複雑に光っていた。本当に綺麗だった。体長は2~3mmくらい。


ガザミグモ-01
ガザミグモ
5mm程度の大きさでも存在感が大きい。


おっと・・肝心なトンボは

タカネトンボ-05
タカネトンボ




翌日 ヤンマを探しに近所。

天気は曇りがちで気温も低いので期待薄。

案の定まったく見ることができなかった。

何も撮らないのも悲しいので


エゴツルオトシブミ-01
エゴツルオトシブミ
まだいるんだ!!


アズチグモ-01
アズチグモ♀
6月に良く見かけたものに比べて大分大きい。(6mm位)


まっ、今日はこんなところで勘弁してやっか。

次は見てろよ!!









ヒヌマイトトンボ 見れず。


先週は東京のヒヌマイトトンボを探してみたが駄目だった。
こちらはまぁダメ元だったので・・・・

今週は発見の地まで脚を延ばしチャレンジ。
朝6:30に現地着。

ところが・・・これが全くダメ。3時間半探しまくったが出たのは膨大な汗ばかり。
芦原中でなんと2.5リットルもの水を飲んでしまった。

そんな中見られたのが


オスクロハエトリ-01
オスクロハエトリ


ヤハズハエトリ-01
ヤハズハエトリ♂成体


このまま帰る訳にはいかないので、ちょっと遠回りしてハッチョウトンボを探しに。
このポイント自分はなくなってしまったと思い込んでいたのだが、まだ残存するこ事が耳に入っていた。


ハッチョウトンボ♂-04
ハッチョウトンボ♂-01
ハッチョウトンボ♂


♂はすぐに見つかるのだが♀はなかなか見られない。
探していると程なく一頭。
さらに周囲にわらわらと。女子ばかりのエリアがあった!

ハッチョウトンボ♀-02
ハッチョウトンボ♀-09
ハッチョウトンボ♀
本当にアブのようだ。

その他

チョウトンボ-02
チョウトンボ

キイトトンボP-04TR
キイトトンボ 最優先種

水質はかなり悪くなっていて、来年以降が心配される。




翌日

Aさんから教えて頂いたクロサナエを探しに行く。

水場に着くまでに見たあれこれ。

ヒメカラスハエトリ-02
ヒメカラスハエトリ♂ また見られた! この個体は明らかに成体だがとても小さかった。(≒3mm)

オオハエトリ-01
オオハエトリ。 なんだか怒ってこちらに触肢を振りかざしていた。

マダラスジハエトリ♂-03
マダラスジハエトリ。 初めて見た。大型のハエトリは総じて動きもゆっくり。
残念ながら左の歩脚1本欠損しているようだ。

エゴシギゾウムシ-04
エゴシギゾウムシ(で良いと思う)模様のあるシギゾウムシって豪華な感じ!

ヨツスジハナカミキリ-01
ヨツスジハナカミキリ。たーくさんいた。変わったハナカミキリは混ざっていないか丁寧に探すと・・・・

ミヤマホソハナカミキリ-05
ミヤマホソハナカミキリの様だ。


で、本命のトンボは、オニヤンマ、コオニヤンマが跋扈していていやな予感。
そんな中見られたのが


オナガサナエ♂-02
オナガサナエ。雌雄各一頭見られた。

タカネトンボ-01
タカネトンボ。初秋の頃に比べるとまだ動きはゆっくりでしょうか。

クロサナエ♀-02
クロサナエ♀。必死に探してもなかなか見つからなかったが、ようやく一頭だけ見ることができた。よかったー!

Aさん。ありがとうございました。


えっ!!

昼過ぎから時間が有ったのでヤンマを探しに。

さぁ探すぞーと・・・おっ!初っ端からぶら下がっているのが見える。

よっしゃー!ヤブかな??なーんか変だぞ??
撮ってみたらなんと


コシボソヤンマ♀-02
コシボソヤンマ
確かに去年一回だけ記録があったように記憶しているが、まさかの展開。



ヤブヤンマ-03
すぐ近くにはヤブヤンマ。


ネアカヨシヤンマ-01
周囲を丹念に探すと・・あれ?ちょっと毛色の違うのが・・
早くもネアカヨシヤンマだ!!!
イヤッホー!!!


ネアカヨシヤンマ-04
横から。

到着後30分くらいでこの成果。
素晴らしい!!


そうなると残りはマルタン。
調子に乗って2時間探したが・・残念ながらこちらは ×


でも、凄かったなー。こんな事もあるんだ。
先着のトンボ屋さんが一人いて、マルタンも雌雄しっかり撮っているようだったのでとにかく今日は条件が良かったのだろう。

しばらくおとなしくしてた方が良いかな????


メスジロハエトリ!

相性の悪い物はあるもので、極々普通種であるメスジロハエトリを見る機会がなかった。

この度、ようやく見ることができた。

生息環境が掴みにくく、自然度の高い所にはいないようだ。

今回観察されたものも池袋の小さな公園。

待望の一種だったのでコンデジを持つ手が震えてしょうがなかった。


メスジロハエトリ♂-04


メスジロハエトリ♂-06
メスジロハエトリ♂
他の種に比べて跳躍力があるように感じた。まるでバッタの様だった。

今度は是非♀を!!






他日、今季未撮影のオオモノサシトンボを探しに行く。

残念ながら姿はまったく見られない。オオセスジやベニイトもちょぼちょぼ。

しかし今迄当地で見た事がないアオヤンマが妙に沢山見られた???

自分の知っているアオヤンマらしくなく、飛んではすぐに止まる物が多かった。

まるでサナエの様だったが、あまりの暑さに普段と違う行動を取っているのか?

おかげで今年一番近くから撮影できた。


アオヤンマ-01
アオヤンマ
到着後 一番最初に見たトンボ
所謂ぶらさがりヤンマの様にはすっきりした所には止まらないのか?


アオヤンマ-05
アオヤンマ
帰り際、最後に見たトンボ
こちらはすっきりと全身が見えている。

船上調査

ジダンさんから掛け合って頂き、城ケ島近辺の海鳥調査船に乗せて頂きました。

成果についてはジダンさんのブログに詳しく載っていて、写真も私よりはるかに良く撮れています。

全く別世界の観察ができて素晴らしい一日でした。

乗船していた皆さんの遠い海鳥を同定する能力はまさに驚異でした。

近づいて写真を撮ってみると、バッチリなのですから。

ジダンさん。乗船を許可くださったOさん。mさん。その他の凄腕の皆様。

ありがとうございました。

オオミズナギドリ-04
オオミズナギドリ

オオミズナギドリ-03
オオミズナギドリ twist!!

県外&近場

ちょっと隣県まで足を延ばしてみた。

目的地途中で警戒心の薄い猛禽。


サシバ-01
サシバ。


目的地にはグンバイを探しに行ったのだが本当にここにいるのか?
と、そこに・・・オーッ!!


モノサシトンボ-07
グンバイが小さいけどまだ未成熟??
ちょっと大きいけど個体の個性??
節の白色のパターンがちょっと??
結局眼後紋が太いのを確認してとどめをさされた。
モノサシトンボです。


他にはあまりトンボもいないので小さい物探し。
と、あまり見た事のないハエトリ発見。


オオハエトリ-02
オオハエトリ(♀幼体?)


で、今日のメインはこれ。


ヒメカラスハエトリ♂-02
ヒメカラスハエトリ。
ちょっと見で、頭胸部と腹部のバランスがカラスハエトリと違う感じ。
より、ポッテリした感じ。
ドラえもん体型。
腹部の斑紋は図鑑・ネットで見られる典型的な物。
本当は触手の膝節と脛節の長さバランスを比較するのが決定的らしいが、もちろんフィールドでは見えるわけない。


ムネアカオオアリ-01
番外 ムネアカオオアリ。
決して赤色型のアリグモだと思って撮ってた訳ではない???




こちら近所。自転車圏内。


ベニイトトンボ-01
ベニイトトンボ。
ようやくここで見ることができた。


アオヤンマ-01
アオヤンマ♀。
ホニョホニョっと飛んできてクターッと止まった。
もうちょっといい所に止まってくれればなー。


オスクロハエトリ-02
オスクロハエトリ。
ここは非常に個体数が多い。


アオメアブ-01
アオメアブ
孤高のハンター。


アマガエル-02
アマガエル。
日光浴??いっぱいいた。なんだか体カサカサに見えたけど。

グンバイはやはり簡単にはいかないですね。
それでも今日はヒメカラスが見られたから良かった。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。