スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様のフィールドで!!

先週から今日にかけて皆様のフィールドで昆虫撮影!

現地でも皆様に大変お世話になりました。
なにせ、教えてもらわなければ分からない様な場所ばかり。
ありがとうございました。

アカハネナガウンカ-08
アカハネナガウンカ
オレンジの体といい珍妙な顔といい非常に魅力的!

シラホシナガタマムシ-04
シラホシナガタマムシ
小さいがメタリックな光沢が綺麗。

アカアシオオアオカミキリ-03
アカアシオオアオカミキリ
このところ人気急上昇ですね!
うーっむ!見られて良かった。
今日も行ってみたがこれだけは見つからなかった。残念です。


その他は・・・・

モノサシトンボ-01
モノサシトンボ

イナズマハエトリ-01
イナズマハエトリ。

ヤhズハエトリ-03
ヤハズハエトリ♀か幼体
等々。






場所を移して・・・・・


コシボソヤンマ-06
コシボソヤンマ
いつものポイント以外でも似たような環境の所では結構見られる。

コシボソヤンマ-08
コシボソヤンマ
腰を捻って方向転換する瞬間。

オナガサナエ-02
オナガサナエ♀
同行のジダンさんの頭頂部に止まって得意満面???

アオダイショウ-02
番外:青大将
脱皮直後なんだか動きがとろくて全然逃げない。
爬虫類はかわいいよねー!




スポンサーサイト

関西遠征

関西に遠征に行ってきた。

往復の運転、現地のリサーチ、宿舎等の手配まですっかりジダンさんにお世話になりました。
色々ありがとうございました!


初日はサナエ狙いで。
メガネサナエは固そうだが、あわよくばオオサカサナエをと思って臨む。
がしかし、天気が思わしくなく、湖岸を何か所も移動するのだがサナエは全く見られず。
ようやく北端に近い場所で湖上を飛ぶメガネサナエを発見。
遠いので写真は撮れなかったが、とりあえず確認。
とにかく見られたので気を引き締めて探すと、足元から羽化直後のサナエが・・・・・
プルプルッと飛んで行った先を追うと低い枝に止まった。


01オオサカサナエ
オオサカサナエ♀ 羽化直後????
腹部9節に黄斑が見られ尾端の張り出しも小さい。
サイズも小ぶり、ぽっちゃりに思える。
時間が経つにつれ細くなり、黄斑も薄れていく可能性も否定できない。
そもそもメガネサナエ自体も初めて見るものなのでよく分からない。
個人的にはとりあえずオオサカにしておこうかな??と思っているのだが。


02メガネサナエ1

02メガネサナエ2
メガネサナエ♀
産卵中。距離が遠く撮影は難しかった。
しかし、3時間くらい探し回った後の成果なので満足だ。


場所を移動して。
こちらでは関東でも外しまくった物を狙ったのだが・・・・
藪漕ぎもして熱心に探したつもりだが×。

で、ここでは


03アカハネナガ
アカハネナガウンカ
写真はボケボケ。
沢山いた。オレンジの鮮やかなボディーと不思議な目の形が面白い。
個人的に非常に興味深い昆虫だ。




明けて翌日
エゾトンボや、さらに難度の高いナニワトンボを求めてさらに西に向かう。
天気が悪くちょっと不安なスタート。
森に入るとすぐに


05ヒメ
ヒメアカネ
こんなに沢山見たのは初めてっていう位多い。
ヒメが多いという事は環境は良いのだろうな。やはり。


04アオイト
アオイトトンボ
ちょうど粉を吹き始めたところだろうか。
とてもきれいな個体だ。


07シンジュサン
シンジュサン
翼開長200mm近いのでは??
巨大な蛾。魅力的な模様。


08オオルリボシ
オオルリボシヤンマ
標高の低い所で見るのは初めて。


06モノサシ
モノサシトンボ
これも多かった。


13オニヤンマ
オニヤンマ


しかし目的のエゾトンボは姿を見せなかった。
好適な環境で申し分ないと思ったのだが、天気が悪かったからかな?

その他にはキイトトンボ、リスアカネ、ヤブヤンマの産卵等を見ることができた。
関東では1ヶ所で見る事のできない組み合わせだと思う。
この辺りは興味深い。




次にナニワトンボのいそうな所に移動。
溜池の端が干上がっていてナニワにとって好適な環境?
見られたものは


09タイワンウチワ
タイワンウチワヤンマ
祝 初見。やはり西に来たら押さえておかないといけませんね。
ウチワに黄斑がない。


10ウチワ
ウチワヤンマ
タイワンとの比較ができるようにそばにいてくれるのは嬉しい。


11チョウトンボ
チョウトンボ


12コフキ
コフキトンボ
これから粉を吹きますよーと言わんばかりの幻想的な体色だ。


その後、もう一度最初のポイントに戻りエゾトンボを探したが見つからなかった。
初日は目的を果たし、二日目はメインこそ外したものの関東では経験した事のないバリエーションを楽しめたので満足だ。

でも、ナニワトンボはやはり見たいかも・・・
初秋の最盛期にもう一度チャレンジしてみようかな??

最後に重ねて ジダンさんありがとうございました!!
また、情報を頂きました、days gone byさん。ありがとうございました。




遠征の谷間に

小遠征から帰ってきてから、こつこつ近所で。

15日 丘陵地では


キンモンガ-01
キンモンガ 
蛾とはいえ非常に美しい。


スケバハゴロモ-01
スケバハゴロモ
透明の♡マーク。と思ってみたら可愛く見えませんか??


ヒメアカネ-01
ヒメアカネ
大分、増えてきた。




16日 近所


マルタンヤンマ-03
すぐに見つかったマルタンヤンマ。
熟睡だったかな?


ヤブヤンマ-02
こちらも簡単に見つかったヤブヤンマ。
ヤブはどれも忙しなかったような。


ネアカヨシヤンマ-01
ネアカヨシヤンマ。
いつもと全然違うところ。3個体はいた様だ。
ネアカは全てK名人が見つけてくれた。
いる個所が違ってもなんなく見つける眼力には脱帽!


リスアカネ-02
リスアカネ
今日は良い背景で撮れた。
これもK名人の見つけてくれたもの。


ヒヨドリJ-01
番外 隣家の庭で巣立ったヒヨドリの雛。
出がけに私の車の中に入ってしまった。
もう、親鳥がパニクっちゃって。




17日 丘陵地

コシボソヤンマ-01
コシボソヤンマ フラッシュ無しで挑戦。
無謀だった・・・・・

コシボソヤンマ-03

コシボソヤンマ-06
フラッシュを使って。
例年と少し環境が変わったので厳しいかもしれないと思ったが、16:00を過ぎてからようやく飛んできてくれた。
しかし、とりあえず2個体以上はいなかった様に感じる。


明日から遠征だー!!
ジダンさん よろしくお願いしまーす!!


高地で!!

8/13~14で新潟と長野の県境辺りを廻った。
標高の高い所は流石に色々と楽しめた。

初日は新潟。高層湿原といってもそれほど管理されていない所。その成果は・・・・・


タカネトンボ♀-04

タカネトンボ♀-05
タカネトンボ
森の中の小さな池に産卵に来ていた。産卵シーンをじっくり見るのは初めてなので嬉しかった!
ひっきりなしに♂が廻っているのだが何故見落とすんだろう??
じっくり2分くらいは同じ場所で産卵していた。


場所を移動して、やや荒れた感じの水面が僅かに覗く様な湿原。

エゾトンボの仲間が飛んでいる。
私が聞いている、典型的なエゾトンボ的な環境なので色めき立つ。


エゾトンボ-13
エゾトンボ


エゾトンボ-03
エゾトンボ
尾部を確認。
タカネトンボより若干ホバの時間が長い。しかしタカネほど一定の所で停止しなかったように思える。


その他この辺りでは。


ヒメキマダラセセリ-02
ヒメキマダラセセリ(でしょうか)


サラサヤンマ-02
サラサヤンマ。
高地では8月でも見られるとは聞いていたが、なかなか嬉しい出会いだった。


コエゾゼミ-02
コエゾゼミ。
近所ではまず見られないので記念に。


少し山を下りた公園では・・・


セアカヒメオトシブミ-02
セアカヒメオトシブミで良いと思う。
訂正 どうやらただのオトシブミのようです。祝初撮影。
と、思っていたらすぐ横に


ミドリシジミ-05
ミドリシジミ(であろう)
目の前で産卵を始めた!!!
と、もう一頭ゼフ???
えー!表面が青いゼフ??


アオバセセリ-03
アオバセセリだった。
勝手に春の蝶だと思っていたのだが。
これも初めて見た。
さらに10歩くらい歩いたところに(ほんとに大袈裟でなく)


トラフシジミ-03
トラフシジミ。
ここではすっかり蝶の歓待を受けてしまった。


モノサシトンボ-03
モノサシトンボ
はは!トンボがついでになってしまった。






翌日長野側

こちらはここ数年続けてきているので余程の事がない限り外れはないとは思っていた。
その成果は


カオジロトンボ♂-01
カオジロトンボ♂


カオジロトンボ♀-04
カオジロトンボ♀
ここでは最優先種かな?
不思議なもので、日照が乏しく気温の低い時には、人間の動きに非常に敏感であまり近づけない。
ところが、気温が上がるにしたがって無頓着になってくる。
普通逆だと思うのだが。


オオルリボシヤンマ♀-04
オオルリボシヤンマ♀
これも当地ではどこでも見られる。
それでもやはり「ヤンマ」というとウキウキする。


ルリボシヤンマ-02

ルリボシヤンマ-02TR
ルリボシヤンマ
最初オオルリボシだと思っていたが、どうもホバリングの時間も長いし環境にも違和感があった。
モニターで確認したらルリボシだった。


そして、個人的にはこの環境ではぜひとも探し出したいのが・・・


ヤバネハエトリ-04
ヤバネハエトリ
オレンジ色の矢羽模様が美しい。
高地に住む鳥はおっとりしているものだが、クモもそうなのだろうか?


そしてこちらも蝶が物凄く一杯。
以下は図鑑等で自分なりにこれかな??と同定してみた物なので間違いはかなりあると思われる。


コヒョウモン-02
コヒョウモン(かな?)


オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン(まったく自信なし)


ウラギンヒョウモン-01
ウラギンヒョウモン??


アサギマダラ-02
アサギマダラ。これは自信あり(苦笑・・・こんなのしか・・・)

その他大好きなキベリタテハやクジャクチョウ、さらにはヒオドシチョウらしき物なども見られた。


蝶以外にも


ハンノアオカミキリ-02
ハンノアオカミキリ
背面からどうしても撮れなかったのが悔やまれる。


アカハナカミキリ-01
アカハナカミキリ


アオハムシダマシ-03
アオハムシダマシ
盛夏にも見られるのは高地だからだろうか?
それにしても何度見てもため息の出る美しさだ。

またしてもあまりにも満腹の成果。
その他にも色々見られたが、とても全部は載せきれない。
成果を上手く消化できていない。

実際2日間ずーっとお腹下してたりして。
また痩せてしまった・・






近所は活況!

日曜日は前日に強引にジダンさんを誘ってシギチ探しに行った。
成果らしいのは遠目のエリマキくらいで申し訳なく思っています。

なんとか地元に帰ってきてネアカヨシヤンマが見られてホッと一安心。
現地でMさんにお会いして教えて頂いて、すぐに見られた。
いつもすみません。お世話になってばかりで。


ネアカヨシヤンマ-02
ネアカヨシヤンマ。
すごーく目立つ枝先にいた。


エサキモンキツノカメムシ-01
エサキモンキツノカメムシ。
憧れの♡カメムシ。
真っ暗だったのでフラッシュを使ったらグロ画像になってしまったのが残念。




今日は休みだったので、また同じ所。
見られたものは


まずトンボ

マルタンヤンマ♂-02R-01111
マルタンヤンマ
落ち着きなかったなー。飛んじゃ止まりとサナエの様だった。
♂♀とも2個体ずつはいたようだ。


ヤブヤンマ-02
ヤブヤンマ
これは当地の主、K名人が、ヤブの奥~の方にいたのを難なく見つけた物。


リスアカネ-0
リスアカネ
今季初!ロープの上ってのがちょっと冴えないけれど。

あとネアカヨシヤンマは今日も見られた。


その他は・・・・・


チャイロアサヒハエトリ♀-01
チャイロアサヒハエトリ♀? 幼体っぽい。
最近見ないなー。と独り言をつぶやいた後、暫くしたら出てきた!


カラスハエトリ♂-01
カラスハエトリ♂
やっぱりヒメカラスと比べて、頭胸部の幅よりも腹部が細い。そして腹部が長い。
デーニッツは相変わらず多い。


アズチグモ♂-01
アズチグモ♂
体長は2mm位。♀の1/3位の大きさ。
小さいくせになかなかにカラフルでカッコいい!+可愛い。


ツミ-03
ツミ幼鳥
足元の流れから鳥が飛び立った。
キジバトだと思ったがツミ幼鳥だった。

今日も楽しかった!!


難物

先日、平日休みだった時のトンボなどを


キイトトンボ-09
キイトトンボ 
県西部の公園。狭い地域に密集している。
どこでも見られるものでは無いし、とてもキレイだ。


チョウトンボ-02
チョウトンボ
同じ場所。
じっくり見るとやはり美しい。


マムシ-01
マムシ
場所を変えて近所で。
先日撮り損ねたが、今日は何とか・・・・
しかし、全身を写したいものだ。


ノコギリクワガタ-01
ノコギリクワガタ
子供の頃は心躍ったものだが。
最近は小さい甲虫の方が面白いなー。なんて。




土曜日、性懲りもなくグンバイ探し
結局今日もダメだった。
さすがに弱気。
今度はもうちょっと脚を伸ばして探そうか。

で、今日の外道の皆さん。


モノサシトンボ-02
モノサシトンボ
似てるんだけどなー。
もちょっと小っちゃくなって、米粒付けてくれれば。


オニヤンマ-01
オニヤンマ


マユタテアカネ♂-02
怒ったマユタテアカネ


マユタテアカネ♂-03
おどけたマユタテアカネ
もう真っ赤なマユタテが見られるなんて。
季節の移り変わりを感じますなー。


コガタコガネグモ-01
コガタコガネグモ(で良いと思う)
逆Tの字の上に×を重ねるセンスに思わず感心!!


ガザミグモ-02
ガザミグモ
カニグモの中でもイカした一種。

なんかグンバイは意地になってきた。
なんとか近辺で探し出したいものだ。



さえない週末を一掃!!

今日は午後から天気が回復すると聞いたので、モートンイトトンボのポイントへ出かけてみる。
もちろんモートンはもういないだろうが。

トンボはオオシオカラが最も多く、シオカラ、ハラビロの残党と続く。
奥の方でアカネを見つける。


ヒメアカネ-02

ヒメアカネ-07
ヒメアカネ
羽化してそれほど時間が経っていない綺麗な個体だ。


その他は

シュレーゲルアオガエル-01
シュレーゲルアオガエル。
変態直後の幼体。まだ結構な尻尾が残っていた。


ウシカメムシ-08
ウシカメムシ
今年は妙についている。何度見ても嬉しい物。


カメムシUnknown-B
人面カメムシ??幼虫なのでしょうか??
調べたが同定できません。
それにしても見事な顔。サングラスかけたマスオさんみたい。
(コマダラナガカメムシ?幼虫。生息域がちょっと違うが・・・・)


オオトリノフンダマシ-03
オオトリノフンダマシ!!
見たかったトリノフンダマシ。やーっと見られた。
他にもいろいろなトリフン見てみたいなー。






帰り道、間違えて変な所に入ってしまった。
えーぃ!ついでになんか探していくか!

そこで見られたのが

オオムラサキ-03
オオムラサキ
さすがにもうかなりくたびれた個体。
それでも初めて見たので満足。


ルリモンハナバチ-01
ルリモンハナバチ
青い蜂は個性的。
2年ぶりに見ることができた。
こんどはオオセイボウも見たいな。

今日半日で週末の外れを取り戻した感じだ。


プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。