スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋!

突然に秋めいてきた。
一週間前まで暑くて堪らなかったのに。

近所を廻って色々探してみた。


ホウジャク-1

ホウジャク-2
ホウジャク
怖ーい黒目に見えるけどフェイクらしい。
アカハネナガウンカが白目と黒目に見えるのも、視線がこちらに向いているようなフェイクらしいが、それと似たような効果を狙っているとの説があるようだ。
(アカハネナガウンカについての話は100%受け売りです。くほほ!)


アズチグモ-01
アズチグモ♀ 女王様とお呼びっ!!
もう少しで見られなくなるのかな??
彼女の獲得する獲物の大きさにはいつも驚かされたな。


シラホシ♂
シラホシコゲチャハエトリ♂
体長2~3mmと極小。しかも地面が主な活動地。その上、あまり動き回らない。
つまり、探すのは大変難しいのだ。

シラホシ♂正面
正面も。
おー!なんとめんこいのじゃ!!

シラホシJ
幼体! ♀かな?
おそらくこの個体は1mm位だと思う。とても可愛い!

近所に多産地を発見したのはヒット!

ところが家に帰って庭で木に水をやっていたら・・・

自宅シラホシ
なんと、ここにも・・・・
思わず苦笑いだった。


アキアカネ
彼岸花にはアキアカネ。秋ですな~。


少し離れた丘陵地で


ネコハエトリ-07
ネコハエトリ
カニグモの仲間だったら普通だけど、花の近くにハエトリは珍しいかも。


ルリチョッキリSP-01
ルリチョッキリSP+ワレモコウでいいでしょうか??


まだまだ虫でも楽しめるかな。



スポンサーサイト

タカの渡り

タカの渡りを見に遠征。

9:00位から間断なくタカは出てくれて、総数は5000↑らしい!
大当たりの日に訪れる事ができてラッキーだった。

ヒガラ-04
渡りが始まる前に。長々と止まって楽しませてくれたヒガラ。


ハチクマやサシバが10羽以下の小さな群れで何度か頭上を飛ぶ。

ハチクマD-022
ハチクマ


サシバF-01
サシバ


遠くのハチクマを見ていると・・・・

ハチクマL-01
ハチクマ

鷹柱-02
おー!!まさに下から湧き出るタカ柱!
壮観である。


ノスリ-01
なんだ!ノスリか~なんて言ってるのは誰じゃ?


アマツバメ-01
アマツバメ
流石に俊敏。簡単にはファインダーに収まらない。


ハリオアマツバメB-02
ハリオアマツバメ
アマツバメよりは目撃数が多かった。
突然頭上に現れるので慌てる。


アサギマダラ-01
アサギマダラ
タカと間違えて「あれ!」なんて何度も言ってしまう。


クジャクチョウ-03
おまけのクジャクチョウ

早朝から夕方まで充実の一日。

同行して頂きました、ジダンさん、noriさん。
現地でお会いしました、Nさん、Aさんご夫妻。
大変お世話になりました!

土日!!!

土曜日、近所?の休耕田。
多種類のシギチが集結。

ケリ-03
ケリ。いい湯だな♨状態。

コアオアシシギ-02TR
コアオアシシギ。スマート。丹精。お上品。

ウズラシギ-03
ウズラシギの眼前にシオカラトンボ。おっ!と思うのは撮影者のみか?

エリマキシギ-02
エリマキシギ。夏羽でなくとも存在感抜群。

ヒバリシギ・ウズラシギ-04
ヒバリシギとウズラシギ。近場だったらそのどちらかがいただけでも嬉しいのに。
贅沢極まりない。

アメリカウズラシギ-01TR2
アメリカウズラシギ・左  ウズラシギ・右
久しぶりのアメウズ。

オグロシギ-02
オグロシギ。一番近くに来てくれる。
全くなんてぇメンバーだ!

ショウドウツバメ-02
ショウドウツバメ。飛翔を撮ってみよう!と思うほど沢山!

お会いした皆様。楽しくワイワイさせて頂きました。
ありがとうございました。






日曜日、ちょっと遠く。トンボ


マダラヤンマ-01
一応マダラヤンマ。(-_-;) とにかくホバらないのですよ。今日は・・・・


マダラヤンマ交尾-03
でも、マダラヤンマ 交尾 初めて見た!!!

マダラヤンマ交尾-05
ちょいとほぐれて・・

マダラヤンマ交尾-06
も、ちょっとほぐれて・・

マダラヤンマ交尾-07
ほどけた! ほりゃ!逃げろ!


他には

マイコアカネ-03
マイコアカネ。どうだ!見たか。見事な舞妓っぷり。

リスアカネ-01
リスアカネ。なぜリスと命名されたのでしょう。

ノシメトンボ-02
ノシメトンボ。一番多い。

アオイトトンボ-01
アオイトトンボ。ん!こっちの方が多いか。

イモムシ-02
幼虫?なんだかさっぱりわからない?
イラガとの事です。皆様ありがとうございました。
陸のウミウシ。

今日も暑かった!!


ヤンマ詣

先週からこの土日にかけてヤンマを中心に色々探してみた。

そろそろ県西部の丘陵地ではルリボシがでているはずだ。
現地到着すると熱烈歓迎!とばかりに


ルリボシヤンマ-03
ルリボシヤンマ
ビュンビュン飛び回っている。
ん?しかし、一向に全くホバらない??
時期的な物があるのか?まるで別種のヤンマの様。


その他には


オオシオカラトンボ-02
オオシオカラトンボ連結


ナガコガネグモ-01

ナガコガネグモ-02

ナガコガネグモ-03

ナガコガネグモ-04
以上 4枚 ナガコガネグモの狩り。
とにかく糸を出しまくってグルグルのミイラ状態にしていた。
器用に糸車を回す様に、高速で獲物を回転させていた。


あまり頻繁に出てくる訳でもなく、ルリボシはホバもしないので場所を変えて・・・


ミルンヤンマ-01

ミルンヤンマ-06
こちらではミルンヤンマ。
もともと、鳥に比べれば観察者、撮影者の数は圧倒的に少ないトンボではあるが、このポイントで昆虫の写真を撮っている人に会った事が無い。
まぁ、最も秋はミルンくらいしか見るものもないのだけれども。

今の所、採餌行動ばかりで、探雌行動などは半月先位からだろうか?


さらに場所を移動・・・忙しない・・・


コシボソヤンマ-01
コシボソヤンマ♂(ですよね?)
なぜか水際の岩に止まり産卵の様な姿勢をとった。
来た時には♀だと思ったが、どう見たって♂だよなー。

ちなみに普段よりかなり水量があったせいなのか、落ち着きがなかった様だ。




数日後 県西部 別の丘陵地

リスアカネ-01
リスアカネ
今年はよく見られる。


オオアオイトトンボ-01
オオアオイトトンボ
羽が複雑に光って綺麗。


トカゲ-01
ニホントカゲ
反対側で牽制してもらって、トカゲの動きを封印??
とにかく撮るまでおとなしくしていてくれた。


コマダラナガカメムシJ5-01
コマダラナガカメムシの幼虫?
前にも見た事があるが、剽軽な人面模様。


これまた別の日だが車の中にハエトリが・・・・・
最初、ネコとかデーニッツの幼体かと思ったが

ヒトリコゲチャハエトリ-05
ヒトリコゲチャハエトリ。
なんと1年ぶりの出会い。コゲチャ系はモフモフ感が堪らないのですな。
ハエトリ好きは、皆好きなのではないかな??

全部成果を載せてたらこの倍くらいの長さになってしまうのでこの辺で。

ホントに毎週楽しい事ばかり。



カメムシデー

ようやくちょっと晴れ間も見えてきたので、午後ミルンのポイントに・・・・
しかし、外に出てみると風がかなり強い。
これは駄目かな?と急遽場所を近所の雑木林に変えてハエトリ探し。

冬になるとアカゲラやアオゲラ、トラツグミなども見られる場所。
雑木林の周囲にはお誂え向きの木の杭が均等に打ってある。
これならハエトリはたくさん見られるだろうなーと思ったのだが・・・・
これが全く見られない。

しかし、丹念に探していると他の物が目に入ってくる。


モンキツノカメムシ-02
エサキモンキツノカメムシ
背中に♡を背負ってる。
今季2度目の出会い。


アカスジキンカメムシ-01

アカスジキンカメムシ-04
アカスジキンカメムシ
やはり美しい!
ちょっとつついてみたが悪臭はしなかった。


アカスジキンカメムシJ-01
アカスジキンカメムシ
3齢幼虫?
赤いペンキを塗った人工物に頻繁に見られた。
案外、6月辺りに来れば成虫が沢山見られるのかもしれない。


トウキョウダルマガエル-01
トウキョウダルマガエル?
田圃にて


チャイロアサヒハエトリ-01
チャイロアサヒハエトリ幼体
帰り際にようやく今日の目的、ハエトリをget!

家から5km圏内でこれだけ色々撮れれば御の字だ!!

ちょっとグロめな・・・・

最近見たものでブログに載せ損ねたちょっとキツめな連中を。


ミバエSP-02
ミバエ??の仲間??ちょっと調べてみたがすぐに降参。
口の先端にある水滴がどんどん大きくなるんですな。これが。
蠅の生態となるとほとんど分からないので、全く謎の行動。
体液出してるのか、空気中の水蒸気集めてるんだか。


エンマコガネ-02
エンマコガネの仲間。
ちょっと見、カモノハシみたい。
とてもかわいい。
いつものぶら下がりヤンマポイントで。


アダンソンハエトリ♂-03
アダンソンハエトリ♂
アダンソンは会社の中でしか見た事がない。
西から生息域を伸ばしてきているらしく、都市部では、同じ様に人家を住処としているミスジハエトリは駆逐されているらしい。
ちなみに我が家は埼玉県北部山沿い?なのでアダンソンはいません。

ニホントガゲ-01
ニホントカゲ
カナヘビだったら家の庭でも多数見られるが、トカゲはあまり見られない。
ふと、気が付いたら足元にいたのでファインダーに収まりきらなかった。


サンショウウオSP-J-01RS
サンショウウオの幼体。
種類はなんだか全く分からない。
(クロサンショウウオのようです。ありがとうございました。)
志賀高原にて。


ヤモリ
ヤモリ
きれいな成体。うっすらボーダー模様がたまりません。
神田辺りで。


明日もなんだか分からん天気のようだ。
結局家でゴロゴロかな??



プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。