スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかりハエトリ

なんだか遠出する気力が無い。
そんな時はクモが身近で楽しい。
今週もハエトリばかり。

コゲチャ系を観察していると、1匹の♀のそばに♂2匹


モンシロコゲチャハエトリ闘争-01
ほほー!やる気かね!君。とコゲチャハエトリSP-A。


モンシロコゲチャハエトリ闘争-02
上等じゃ!コラ!簀巻きにして北本の井戸に沈めちゃる!とコゲチャハエトリSP-B。


モンシロコゲチャハエトリ闘争-04
かくてゴングは鳴り激しい睨み合い!


モンシロコゲチャハエトリ闘争-03
激しく組み合った!と思ったら一瞬で勝負がついたらしい。
上の黒っぽい個体の勝ちだったようだ。


モンシロコゲチャハエトリ♀A-01
その争いの渦中にいた♀。
「喧嘩をやめて~。二人を止めて~♪♪」と見ているかと思いきや。
お団子でも食いながら観戦って感じだった。
は~呑気やね。
見てるこっちは膝抜けちゃった。




他日、nさんに希少なヤガタアリグモの生息場所を教えて頂く。
早速現地に行くといるいる!

ヤガタアリグモ♂A-03
ヤガタアリグモ♂
出歯が~!凶悪その物。アリグモの幼体褐色型も似た感じのはいるが、こちらはかなり腹部はスリム。


ヤガタアリグモA-06
ヤガタアリグモ♀
本種は♀の方が鮮やかなようだ。これ程鮮やかだとアリグモの褐色型とは明らかに一線を画する。


また私も未見のチクニハエトリも見つけたという事でそちらの場所も教えて頂く。
チクニは仲間内ではジダンさんが一番に見つけて、「いいなー」と思っていたので是非見たかった。

チクニハエトリA-01TR
チクニハエトリ。全身が紫に輝いている!びっくりするほど美しい。
こちらは雌雄はどちらなのだろう??


チクニハエトリB-01TR
チクニハエトリ♀。腹部がボーダー模様。
黄色い手袋が可愛いねー。

それにしてもますます遠出しづらくなってるかも。苦笑。


スポンサーサイト

結局今日も・・・・

一応、鳥やトンボも探す気で家を出るのだが、ついつい下を向いてしまう。

で、結局今日もハエトリばかりが目に入ってしまった。

と、いうか柵の上をみると否が応にもたくさんのハエトリが目に入ってしまうのだ。

特に、イナズマ、アオオビ、アリグモ、デーニッツの4種はやたら多かった。

DSC_7039.jpg
アオオビハエトリ。


DSC_7091.jpg
イナズマハエトリ♂


DSC_7106.jpg
イナズマハエトリ♀


DSC_7137.jpg
燃える!ネコハエトリ!オーラがメラメラ!


DSC_7148.jpg

DSC_7157.jpg
カラスハエトリ
人なつこい事No1だすね。


DSC_7096.jpg
番外:石仏カエル




で、ここのところ頭を悩ますコゲチャハエトリの仲間。


DSC_7234.jpg
腹部に三対二列のはっきりした黒班はヒトリコゲチャハエトリ♂


DSZ-1.jpg
ヒトリorモンシロ No1

DSZ-2.jpg
ヒトリorモンシロ No2


DSZ-3.jpg
ヒトリorモンシロ No3

上の3枚はヒトリコゲチャかモンシロコゲチャが判断の難しいもの。
図鑑や過去の自分の撮った写真、ネット上の画像等色々見てみたが、No1.No2はモンシロが妥当な感じがする。
No3はどちらか非常に微妙。どちらかといえばこれからの黒班が三対に発展しそう?
で、ヒトリコゲチャだろうか??

もうちょっとでハエトリも終わりかなといいつつ、まだまだ続きそう?




ハエトリ豊作

週末のハエトリ行脚をまとめて。

メスジロハエトリ♀-11
待望のメスジロハエトリ♀
ハエトリ好きからは白雪姫ちゃんなんて呼ばれたりする。

メスジロハエトリ♀-12
横顔も


イナズマハエトリ♂-02
イナズマハエトリ♂の争い。下の個体が勝ったようだった。


ネオンハエトリJ-01
ネオンハエトリ・幼体と思われる物まるでごみのような大きさ。試しにつついてみたら動いたので笑った。


シラホシコゲチャハエトリ♀-02
近所でまたしてもシラホシコゲチャハエトリ♀
体長3mm弱位。超可愛い!


ヨダンハエトリ-02
ヨダンハエトリ♀。これまた近所のいつものポイント。


ウデブトハエトリ♂-03
ウデブトハエトリ♂。近所初記録!


ウデブトハエトリ♀-02
ウデブトハエトリ♀。第一脚がオスより小さい。


ノビタキ-03
ちょっと鳥もね。近所のノビタキ。5羽程度の小さな群れ。


マガネアサヒハエトリ♀-05
マガネアサヒハエトリ・幼体と思われる物

マガネアサヒハエトリ♀-04
頭胸部黄緑と腹部の明るい茶色がとても美しい。


マミジロハエトリ-01
マミジロハエトリ♂。ここではびっくりするほど多数見る事ができる。
1ヶ所に腰を下ろして5~6個体をいっぺんに見る事も稀ではない。


Rエキスハエトリ-02
エキスハエトリ。杉の幹に生息。小さいうえに神経質で探しにくい。
その上地味なので人気が無い??


ムツバセイボウ-01TR
セイボウの仲間(ムツバセイボウだろうか?)
オオセイボウはかねてより撮りたかったのだが、こちらはそれ以上の美麗種ではないだろうか?
腹部のレインボーが凄い!!


オオアオイトトンボ-01
最後にトンボ オオアオイトトンボ。 イトトンボを名乗っているがなんともデカい!

ハエトリも見られるのはあと少しかなー。

週末トンボ

太陽も出ていないし、まだ発生本番には至っていないかなと思ったがキトンボを探しに。

10:00位に到着したが、なんともあっけなく2個体見られる。

気温が高めなせいだろうか輻射熱による恩恵を必要としないのか、木の枝に止まってテリトリーを主張していた。

キトンボ-18

キトンボ-03
キトンボ


と、一通りキトンボが撮れて満足していると、小さな起伏の裏側から話し声が聞こえる。

どうやらトンボの話をしているようだ。

回り込んでみたら・・・・tさんとaさんご夫妻!

皆、バラバラに来ている所がなんとも。

考えることは似ているんですね。

その後Iさんも来られて、いろいろ昆虫の事を教えて頂く。

タカネトンボ-01TR
タカネトンボも健在。しかし素早いので撮影は難しいな。


カトリヤンマも見る事は出来た。


その他(ってクモばかりですが・・・・)


マミジロハエトリ-01
マミジロハエトリ♂
やけに新鮮な個体が多い。


トラフカニグモ-01
カニグモの仲間 (トラフカニグモかな?)


ハナグモ-01
ハナグモ まぁハナグモってくらいですからね・・・・笑


当地ではムツバハエトリを探すのが楽しみなのだが、今日は残念ながら見つからなかった。





翌日はミルンの撮影に。


ミルンヤンマ-08

ミルンヤンマ-05
ミルンヤンマ探雌行動の撮影は面白い。

しばらく、どこを一番入念に探すのか観察し、その場所に居座ってチャンスを狙う。

ヤンマの中では極普通種だが何故か何度も通ってしまう。

周囲に人が一人もいないので、3~4時間、口をつくのは独り言のみ。

ミルンは10分間隔位で巡回してくるので、その間は色々な事を考えてしまう。

ここでこの時期にエキスハエトリが見られなかったのは初めて。

ハエトリ運、シラホシコゲチャで使いすぎたかも??







プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。