スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海鳥


先週、今週と二週続けて海鳥の調査船に乗船させて頂いた。
様々な鳥が見られるのは勿論だが、生態や識別等興味深い話も山盛りで、楽しい経験だった!
とにかく周囲の皆さんの鳥を見つける目が凄い!
全く頼りきりなのは情けない限りである。

お世話になりました皆様。ありがとうございました。

一週間で鳥相がかなり変わっていたのは季節の進行のせいか?
はたまた潮流の影響等が大きいのか。
とかく広い海という「面」の中を進む「線」の船で鳥との出会いは限定される。
つまり出会いは至極偶然性を求められる訳で他の探鳥とはかなり条件は異なる。
その辺りが面白みの大きな要因になっている。
成果の幾つかの写真を掲載させて頂きます。


ウミスズメ-01_TR
ウミスズメ
キレイな夏羽。5月末だとさすがに数は少ないそうだ。


カンムリウミスズメ-02_TR
カンムリウミスズメ


カンムリウミスズメ-01_TR
カンムリウミスズメ飛翔


ウトウ-04_TR
ウトウ
5月に見られるのはほとんどが幼鳥だそうだ。


Dアカエリヒレアシシギ-05_TR
アカエリヒレアシシギ
先週は多数が見られたが、今週はかなり少なかった。


Dコシジロアジサシ-03_R
コシジロアジサシ
海上の流木に乗っている事が、ままあるらしい。
比較的まれなようで皆さんも大変喜んでいた。


コシジロアジサシ-06_TR
コシジロアジサシ
飛翔。次列風切の後縁に灰色の線。


ハシボソミズナギドリ部分白化-02_TR
???
ど珍鳥か??
ハシボソミズナギドリの部分白化個体だそうだ。
「なんだ、これ?」の声に、視界に入った時には驚いた。


オオトウゾクカモメ略奪-01_TR
オオトウゾクカモメ
オオミズナギドリの群れに飛び込み略奪後。
太刀魚らしきものを咥えている。


オオトウゾクカモメ略奪-05_TR
オオトウゾクカモメ
獲物が長すぎるのだろう。飲み込むのに大変苦労していた。


Dオオトウゾクカモメ-05_
飛翔も!!!


Dオオハム-01_TR2
オオハム
きれいな夏羽だ。
喉の深緑は特に印象的。
デザインセンス抜群。


カマイルカ-01_R
番外 カマイルカ

こってりと楽しい二日だった。

重ねて皆様大変ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>






スポンサーサイト

少しずつ増えてきた??


先週平日の記録から

蜻蛉を探しに渓流に。
目的はムカシトンボ。
しかしたまに視界を横切るが、速すぎてどうにもならない。
去年より個体数もかなり少なく感じるのだが。
この日はヒメクロサナエも全く見られなかった。


Aダビドサナエ-01_
ダビドサナエ
そんな中見られた唯一のサナエ。
今季初だ。


蜻蛉はだめでもその他の昆虫は色々。

Aアオハムシダマシ-01_
アオハムシダマシの様だ。
小さいがとてもキレイ。


Aシロオビアカアシナガゾウムシ-01_
シロオビアシナガゾウムシ
このゾウムシは初見!!
存在感あったね。


Aキスジアシナカゾウムシ-03_
キスジアシナガゾウムシ
電車ごっこ!チョー楽しいじゃん!!

Aキスジアシナガゾウムシ-01_
し、車掌が・・・車掌が・・・


Aマエジロオオヨコバイ-01_
マエジロオオヨコバイ
キレイなヨコバイ見たかったす~。


Aオニグモ-01_
苦行僧。
滝に打たれ悟りを開かんとするオニグモSP


帰りに中流域に寄ってみた。
少数だがサナエが見られてホッとした!

Aアオサナエ-02_
アオサナエ
やはりサナエの中では際立った美麗種ではないでしょうか?

Aホンサナエ-02_
ホンサナエ
真上から撮ると不細工な当種も横から見ればカッコいい。





土曜日はジダンさんに誘ってもらって海鳥!!
色々成果はあったが大雑把に・・・・


Bハシボソミズナギドリ-03_
ハシボソミズナギドリ


Bオオミズナギドリ-01_
オオミズナギドリ


色々見られて楽しいのは勿論だが、同乗したみなさんの鑑識眼や造詣の深さには驚かされる。
「ほー!なるほどー」とひっきりなしに感心してばっかりで、すっかり口が尖がってしまった。
毎度の事ながらありがとうございました<(_ _)>




今日はちょっと遅いかな?と思ったがトラフトンボを探しに近所に。
去年3ヶ所の沼で確認したが、今日は1ヶ所でしか確認できなかった。
距離遠目。しかも俊敏にパトロール中だったので撮影は×

Cトラフトンボ-05_TR
トラフトンボ

その他もろもろ


Cセスジイトトンボ-01_
セスジイトトンボ
今季初!
やはりキレイですね。


Cケリ-02_TR
ケリ
近辺で繁殖の様だ。

また良く遊んだ週末だった。
明日から会社でリフレッシュして疲れをとらねばいかんな・・・・・






カタオカハエトリ!!!!


日曜日
ジダン家についにカタオカオレンジが出現と聞きお邪魔させて頂く!!
♀や幼体らしきものは今迄もまま見られた。
しかしオレンジの歩脚が美しい♂は別格だ。
午後お邪魔する約束をしたので午前中はサルハマを探しに。


サルハマシギ-05_
サルハマシギ
田圃の周囲を探すとすぐにムナグロの群れを見つけた。
その中に見つけることができたが如何せん遠距離で・・・・
飛んだ時に撮るのが精いっぱいだった。
飛び去った後は行方不明に。
とりあえず綺麗なレンガ色が見られたので良しとしよう。




午後はいよいよカタオカハエトリのオレンジ歩脚に会いに!!
ジダンさんが越冬環境を整えてくれた場所に数個体いるそうだ。
覗きこむと♀タイプや幼体っぽい物が何個体か見られる。
その中に遂に♂成体を見る事が出来た!
キャッホー!!!

カタオカハエトリ-03_
カタオカハエトリ

カタオカハエトリ-05_
自然光で。

カタオカハエトリ-08_
構えて~!

カタオカハエトリ-09_
シャーッ!!
元気ですかっ!!

オス同士の争う姿やメスに対する求愛行動など色々観察できた!
どうもメスは簡単にはたなびかないみたいだった。


さらにキレワハエトリやシラホシコゲチャハエトリといった豪華な面々も登場!

キレワハエトリ-02_
キレワハエトリ


ここで終わらないのがワンダーランドジダン家の庭!!
ちょっと見かけた時に「ん?見た事ない昆虫?」
と思ったのものが、何の気なしにファインダー越しに見たら・・
なんとクモ界きっての美麗種
ヒゲナガツヤグモではないか!!!!!

ヒゲナガツヤグモ-02_
ヒゲナガツヤグモ
自然光で撮れれば実際の美しさが分かるのだが。
残念ながらスピードが速く撮影が難しい。

ヒゲナガツヤグモ-05_
体色はちょっとした角度の違いにより頻繁に変化して見える。


一日でこれだけクモで盛り上がれる日はそうそうないでしょう。

ジダンさん一日ありがとうございました。<(_ _)><(_ _)>





# GW最終盤

強風の晴れの日
久しぶりにちょっと山の方に鳥見に行く。
午前中はオオルリやセンダイムシクイを見るにとどまる。
まぁ山の空気は良いし・・・・と思っていたのだが。
実は当地はキャンプ場でもあるのだが、GWにも関わらず施設は閉鎖。
行き合った人に聞いたら放射線濃度が高いらしい。
割と近場なのにそんな影響があるとは・・・・

せっかく来たので気を取り直して色々探した。
鳥ではなく蝶やハエトリなど面白い物が見られた。


コツバメ-02_
コツバメ
俊敏な印象だが今日見たのは皆おっとり。


キベリタテハ-01_
大好きなキベリタテハ
越冬個体だが思ったほど羽は擦れていない。


アサヒハエトリ-01_r
アサヒハエトリ?
あまり観察例がなくネットで検索してもあまり出てこない。
腹部後端のヤバネっぽい模様がいかにもという感じだが。
別種の可能性もありあり!


ヒゴスミレ-02_
ヒゴスミレ? エイザンスミレのようですね。<(_ _)>
が一番それらしいような。


ヒナスミレ-01_
ヒナスミレ?
でしょうか?とても小さくて可憐だった。


何故だろう?
午後になると急に鳥が見られる様になってきた??


ミソサザイ-01_
ミソサザイ
巣材をあつめては巣に戻り大忙し。
ぬぼーっと見ている私をしり目に・・・
小一時間見ていたがほとんど休みなし。
ひっきりなしだった。
たまに虫を啄んだり、囀ったり♪


キビタキ-01_r
キビタキ
今季初見。
去年も遠くのを一回見たきり・・・・


コサメビタキ-01_
コサメビタキ
こちらに至っては去年全く見ていない・・・・


マミジロ-01_
マミジロ
久しぶりに見られた。
湿地では効率よくミミズを採食。

マミジロ-17_
渡ってきたばかりで疲れているのか、
たまに岩の上に出てぼーっとしていた。

先に観察されていたご夫婦に感謝です!






最終日

早起きできなかったので近所。
天気もあまり良さそうでないので期待薄。
ヒメクロサナエが見られたらいいな~と。


ポイントに着くと先着の方がすでに羽化の撮影に入っていた。
伺うとどうやらヒメクロサナエの様だ。
天気が芳しくないのであまり羽化の個体は発見できていない。
との事だった。


ヒメクロサナエB-01_
ヒメクロサナエ
こちらは羽化していたのと別個体。
これも教えて頂いた・・・

ヒメクロサナエB-04_
上と同個体


そうこうしているとIさんが来られた。
久しぶりにお会いした。
足元に小さなタマムシがたくさんいたので
なんですか?
と聞くと「シロオビナカボソタマムシです」
と即答!流石です!


シロオビナカボソタマムシ-01_
シロオビナガボソタマムシシロオビナカボソタマムシですね
微妙な光沢が美しい。

シロオビナカボソタマムシ-03_
私の写真だと実際の美しさが表現できないのが残念。


イタドリハムシ-01_
イタドリハムシ
これなら私でもすぐに分かる!
って自慢にもならんです。
なんだかハロウィンをほうふつさせる模様だな~。


カラスアゲハ-07_
カラスアゲハミヤマカラスアゲハ
これもIさん発見の物です。
羽化直後でとても綺麗だった!


ムカシトンボはほんのちょっとだけ飛ぶのが見られた。
残念だが天気が悪かったので短時間で消えてしまった。

当日はすっかり皆さんにお世話になり予想外の成果となった。
私的にはちょっと情けなかったなー。
おんぶにだっこで。

みなさまありがとうございました!!



GW中盤


GW中盤。
天候が悪く芳しくない日々が続いた。
足掻いた数日の記録。


毎年ヒメクロサナエを探す場所にて。
肌寒く太陽も隠れたままで期待薄。
飛立つ個体も全く見られなかった。


ヒメクロサナエ-ヤゴ殻-01_
ヒメクロサナエと思われるヤゴ殻。
まぁこれだけでも・・・・と・・・


寒くても出てくれるのはいつものハエトリ君たち。


マダラスジハエトリ-01_
マダラスジハエトリ
歩脚左側第三欠損。
驚いたことに今迄歩脚が綺麗にそろっているマダラスジを見た事が無い!
どういう事だろうか。
確かに物凄く動きがスローモーではあるのだが・・・


ヒメスジハエトリ-02_
ヒメスジハエトリ
久しぶりの出会い。今年初見です。
あまり簡単に見られないのでやはり嬉しい。




翌日ホソミイトトンボを探しに!
天気が良くないがどうしても行く時間が無いので無理やり強行。
しかし現地到着と同時に雨!!!
その後も降ったりやんだり。

諦め半分にだら~っとぬぼ~っと田圃を彷徨う。
と、細~いトンボが・・・・


ホソミオツネントンボ-02_
ホソミオツネントンボ
この雨の中産卵していた。
撮影中も結構な降りだったが。
本命ではなかったが出てきてくれて感謝!


ここでもハエトリ君は慰めてくれる。

オオハエトリ-01_
オオハエトリ
大きいけど俊敏なイメージ。


ネコハエトリ-01_
ネコハトリ
♂の成体。
当種の♂を戦わせるホンチという遊びが房総にはあるらしい。
当地に採集に来る人もいると聞いた事が有る。





雨こそ降らないが強風で曇りがちな日。
今年こそベッコウトンボを見たかったので小遠征。

沼-01_

条件は良くないが贅沢は言ってられない。
ビジターセンターに立ち寄り大まかなポイントを教えて頂く。
ポイント付近ではターッと俊敏なトンボが視界を横切る。


トラフトンボ-01_
トラフトンボ
カメラを振り回したらファインダーに入っていた!


周囲を探すと・・・あ・・・・トンボ!!


ハラビロトンボ-01_
紛らわ1号 ハラビロトンボ


ショウジョウトンボ♀J-01
紛らわ2号 ショウジョウトンボ♀未熟


ヨツボシトンボ-01_
紛らわ3号 ヨツボシトンボ
うーっむ だんだん近づいてきた!!


何度となく違うトンボを見たが遂に!

ベッコウトンボ-10♂_
ベッコウトンボ♂
遂に見られました!
コゲラが上空通過の際見上げる。

ベッコウトンボ-16♂_
ベッコウトンボ♂
水面背景に。

ベッコウトンボ-23♂A_
ベッコウトンボ♂
成熟っぽい個体。

ベッコウトンボ-20♀_
ベッコウトンボ♀
色々見られた!!

連結しかけているのもワンペア見られたが、何度も♀に振り切られていた。


おまけ

キンラン-02_
キンラン

GW終盤につづくぞよ。



プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。