スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF

MFというほど頻繁に行ってるわけではないのだが。
そう呼ばせて頂きます。

先週末は3日続けて訪れる事ができた。
毎日細々とだが渡りの鳥が見られて良かった。
カラ類も多く賑やかだった。


エナガ-01
エナガ
平地で見られると嬉しい物だ。
それにしてもちょこまかと・・・
翻弄されっぱなし。


ヤマガラ-01
ヤマガラ
苔むした幹が良い感じ。
こちらもかなり個体数は多く感じる。


ツツドリ-03TR2
ツツドリ
先に撮っている方がいた。
親切に居場所を教えて頂いた。
距離はあったのでかなりトリミングしている。
久しぶりに撮った気がするな~。


Dコサメビタキ-01_TR
コサメビタキ
この日はちょっと遠目

Dコサメ
土曜日の雨上がりは近距離だった。
雨覆先端が褐色味を帯びているが、コサメですよね?


Dエゾ
エゾビタキ
こちらは個体数も多そう。


Tクサガミ
池にいた亀。
どうせアカミミガメだろ?
と、、、よく見たらクサガメだった。
記念に一枚!


Tアカミミ
ちょっと目を離している間に光線の具合が良くなった。
これは綺麗だ~。と一枚。
んっ?ありゃ?やっぱりアカミミガメじゃないか?
狐につままれた様な気持ちで先ほど撮影の画像を確認。
やはりさっきのはクサガメ。

ごくごく短時間に追い払われて椅子を奪われてしまった様だ。
なるほど外来種アカミミガメに席巻されてしまう訳だ。

ま、そうは言ってもクサガメも元々は外来種だっていう話ですね・・・・







スポンサーサイト

遅ればせながらタカの渡り

タカの渡りを今年も見に行ってきた。
昨年ほど盛り上がらなかったが、それでも今の所今季最高数の当り日だった!
更新に出遅れてしまい、写真は同行の仲間の物とほぼ被り~(^_^;)
しかも肝心のタカの写真がどうにもしっかり撮れていなくて・・・・
雰囲気だけの写真掲載させて頂きます。


Vエゾビタキ-03_
エゾビタキ
タカが渡りだす前の早朝。
周辺の木々の間を賑やかに飛んでいた。


Vエゾビタキ-01_
しきりにフライングキャッチ!!


VサメビタキB-01_
サメビタキ
同様に空いた時間を楽しませてくれる。


ハチクマF-01_TR
ハチクマ
基本的に晴れているのだが、たまに雲海の中から出てくる。


ハチクマD-02_
ハチクマ
快晴でコントラストが強くなりすぎてしまった(-_-;)/~


ハリオアマツバメ-03_TR
ハリオアマツバメ
あと30m近くを飛んでくれれば。
まぁ贅沢は言えませんね。


ムツアカネ-01_
ムツアカネ
同行noriさんのリュックに止まっていた!!!
慌ててマクロレンズに替えてファインダーを覗き・・・
さぁ!シャッタープレスの瞬間・・・飛ばれた!

「あ~ぁ」と思ったが、また近くに止まったので写すことができた。
と、上空にサシバの小群がいくつか!!

また、わさわさとレンズを付け替えて・・忙しないったらない。




帰り道ちょっと寄り道させてもらう。

先月近くで撮った蝶がヒメシジミかアサマシジミか?
色々ネット等で調べていたら近縁の種でミヤマシジミというのに出会った。
裏面の斑紋の中にブルーが入ってそれは綺麗な写真が多かった。
これは見てみたいものだな~。
と思っていたのだが寄れる場所に発生しているらしい。
という事でお付き合いして頂いた。


ミヤマシジミ-11_TR
ミヤマシジミ
若干秋色がかった枯草の中で。
思ったよりかなり小柄で弱弱しい飛翔だった様に思える。
可愛かったな~。


オツネントンボ-01_
オツネントンボ
ジダンさんが当地で発見!
ちょうど一年ぶりの出会い。

あれこれ楽しかったな~。
御同行の皆様、お世話になりました。お疲れ様でした。
来年もまた行きましょうぞ!!






遠征前の細々

週末遠征に行く前のなんやかんや。
トンボも今一つ不調でぱーっとしないが、そんな中見られた数種を。


ミルンヤンマを探しに行く。
このところの少雨で水が極細々としか流れていない。
これは厳しいかな~と思っていたが、ぶら下がっているのを発見!!
と、3mほどに近づいた時になんと飛び去った~!
「え~!!!」
ゆっくりそーっと近付いたのにミルンに飛ばれるなんて・・・・
それからは全く見つからずに落ち込んだ。

そんな訳でその他のトンボ。


ヒメアカネ-01_
ヒメアカネ
ミルンヤンマを探しに行った細流にて。
ここでは普通に見られる。


オナガサナエ-05_TR
オナガサナエ
秋口まで普通に見られるが先日は方々探してしまった。
今回も多数は見られなかった。
この個体は何度か水浴びをした後、樹上に消え去った。


少しだけ足を延ばして他のトンボも。


マダラヤンマ-05_R
マダラヤンマ
ヤンマでも筆頭クラスの美しさだが、腕悪く色が出ず・・・・
しかし、このトンボは見られるだけでもとても嬉しい。
水平に近い静止姿が個性的且つとても愛らしい。

マダラヤンマ-10_TR
マダラヤンマ
個体数もあまり多くはない様だ。




その他、珍妙な虫共も。

アカアシカスミガメ-02_TR
アカスジカスミガメ
ホトトギスの上で何をしていたのだろう??


ヤマジハエトリ-01
ヤマジハエトリ
決して珍しいわけではないのだろうが、個人的に目にする機会は少ない。
前回見たのは4月だからほぼ半年ぶり。
そういえば盛夏の頃に見かけた事はない。
それ故に見つけた瞬間名前が浮かんでこない。
ブログに載せる際に種名をタイプしようとしてもできず、図鑑を見てしまうのだ。


ナゾノコウチュウ-01
「ん~~~??」なんじゃこれは????
どうやらマメハンミョウというらしい。。。


ナゾノコウチュウ-02
赤頭巾・ストライプの外套・ボーダーの袴???
なんというチグハグなデザインだろう。
おぉ。創造主は何を考えてこんな姿にしたのだ?
罰ゲームかいな。






海沿いの公園



Jさんがアカアシシギ撮ったのが羨ましくて追随。
到着して地元の方に聞くと毎日出ているのでまぁそのうちにとの話だった。
で、メイン様の出待ちでの色々


セイタカシギ-01_
セイタカシギ
上空に猛禽だろうか?
しきりに見上げていた。


ソリハシシギ-01_
ソリハシシギ
なんだかじっくり見るのは久しぶりだった。
どちらかというと泥地よりは砂地が好みのシギと思っていたが。


カイツブリ-01_
カイツブリ
体のほとんどが水面より上に出ていて凄いな~。
などと思っていたが、ここから飛び立つんだからなんてことないんだ。


カワセミ-01_
カワセミ
逆光で日陰。
悪い条件下での新レンズの性能確認にはもってこいだった。


アカアシシギ-01_
アカアシシギ
さて、そうこうしているうちに左袖からゆるゆると登場!

アカアシシギ-03
少し光線の条件の良い所に来てくれた。

アカアシシギ-06_
「あ~。ねみーし!あちーし!だりーし!」
と不活発な所も多分に見せていただきましたぞ!

他にキアシシギ、アオアシシギ、タカブシギ。
遠く東渚にはこれまた久々のクロツラヘラサギも見る事が出来た。
半日がっつり鳥は久しぶりだ。


今日は夜勤明けという事もあり早めの撤収とした。
しかし帰りの園路ではガードレールにカラスやらネコの個性的な模様のがいたりして、駅まで1時間近くかかってしまった。
(あ!これどちらもハエトリっす)
マクロを持っていなかったのが・・・・涙・・・・

帰りの電車の中では、それゃもうJさん同様。
缶ビールで・・・・・
う~む・・これは真似できなかったな~。(^_^;)


ヤンマの推移


このところ思う存分出かけられないが、短時間の各所トンボ観察。

ぶら下がりヤンマの公園ではやはりネアカ、マルタン、ヤブなどは私には見つけられなくなっている。

これらのヤンマより奥まった所にいる事が多いカトリヤンマのみ見つける事が出来た。


カトリヤンマ-04_TR2
カトリヤンマ
前に見た時は未熟だった。
この個体は瑞々しく色付いていた。

他にはこれと言って発見はなかった。

もうここは閉幕かな~。

ひと夏お世話になりました。




コシボソヤンマの場所にも少しだけ顔を出してみた。

天気も悪く気温も低め。

活発に♂♀とも飛んでくるのだが全く落ち着きが無い。

特に♂は3~4mのスパンを行ったり来たりの独特の飛翔を一度も見ていない。

こちらの視力が衰えているせいもあるのかな~。見逃してるとか。

ともかく♂の飛翔が今シーズンほど手も足も出ないのは初めてだ・・・・・・


コシボソヤンマ-01
コシボソヤンマ♂
補正しまくり。トリミングざ~っぱり。


コシボソヤンマ-02
コシボソヤンマ♀
今回は♂頻繁に通り過ぎるのでじっくり産卵とはいかない様だった。

トンボもいよいよ第三コーナー廻って最後の直線!!って感じだな~。








プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。