スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワサワサ



いよいよ虫シーズンも盛り上がってきた。
昨日の山裾の成果を。
まずは甲虫から~~


ヒゲナガオトシブミ-03
おなじみのヒゲナガオトシブミ♀
あちこちで多数見られる。

ヒゲナガオトシブミ-04
こちらは♂。
顔をアップで見ると馬みたい。
ただしまだ本格的に揺籃を作っている姿は観察されなかった。


キスジアシナガゾウムシ-01
今頃沢山見られるキスジアシナガゾウムシ。
初めて見た時は嬉しかったが多産している。


シロオビアシナガゾウムシ-01
キスジと近縁種だが見る機会は大分少ないシロオビアシナガゾウムシ。


クロホシタマクモゾウムシ-01
こちらは3mm程度の極小サイズ。
クロホシタマクモゾウムシ。
なんともいえない背面の模様が魅力的。

クロホシタマクモゾウムシ-04
これは嬉しかったな。


続いてハエトリ


ウススジハエトリ-01
シーズン初めにみると「あれ?これ何だっけ??」
と毎年なるウススジハエトリ。

ウススジハエトリ-03
正面だと特徴が分からないので背面。
平地の公園等ではそれほど見る機会は多くない。


マダラスジハエトリ-02
こちら先日ようやく歩脚が8本そろった個体を初めて見られたマダラスジハエトリ。
今回も8本揃ってる。

マダラスジハエトリ-01
マダラスジも平地の公園等で観察されることはあまりない。
素早い動きを身上とするハエトリだが本種は極めてのっそりした印象。
ムツバハエトリなどと動きが似ているかな?
同じ大型のハエトリでもオオハエトリなどは極めて敏捷なのが面白い。


ヤマジハエトリ-01
葉の上に這い出ている本種を初めて見た!ヤマジハエトリ。
普段は地面を這っていることが多い様に思える。

ヤマジハエトリ-03
今迄愛想が悪いだのなんだの、あまり人気の無かった??本種。
しかしこれは会心の正面顔!!


ハエトリ-01
私とかくれんぼがしたかったハエトリ。
茎から覗いたり隠れたり。
何度も繰り返す。
種類は・・・・見なかった。


また忘れる所だった。トンボ・・・


クロサナエ-01
羽化不全。少し羽がよれているクロサナエ♀。
ヨモギの葉に羽がひっかかってしまった様だ。
ほんの少し助けて姿勢をキープ。
しばらく目を離していたら飛び立ったようだ。


ダビドサナエ-01
おっ!こちらもクロサナエか??!!
と期待して接近するも残念?ダビドサナエ


カワトンボ-02
同定は端から諦めているカワトンボ。
美しいからどちらでもよいではないか・・・(^_^;)


スポンサーサイト
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。