スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンボ数々


トンボがいよいよシーズンもたけなわ。
低山山裾から段々に降りてくるコースでトンボ探し。
まず最初に訪れたモートンイトトンボの産地では渇水状態・・・
まだわずかに湿り気は残っているので雨が降ればなんとかなるか?
とても心配な状態だった。

ちょっと降りた川筋では今の季節の常連を見つける。


ミヤマカワトンボ-01
まだ若い頃はあまり接近に神経質でないように感じる。
のんびりとしたミヤマカワトンボ。
成熟期はそーっと近づかないと飛び立ってしまうような。

ミヤマカワトンボ-02
羽の表側に光が当たると別種の様に美しく見える。


アオハダトンボ-02
仲間のアオハダトンボ。
メタリックカラーとフォルムがとてもマシンっぽい。
発生期間はそれほど長くないので今のうち沢山撮っておかないと。


ヒメサナエ-01
沢山の小型サナエが羽化していた。
すっかりオジロサナエと思っていたが、んん??
ヒメサナエの様だ。
13:00を過ぎようというのにワラワラと羽化し足元から飛び立つ。

ヒメサナエ-07
殻を破って出てきたばかり。

ヒメサナエ-08
6分後

ヒメサナエ-10
14分後
この後すぐに飛び立つ。
羽化が始まってから飛び立つまでの時間の短さにはびっくり。
似た様な感じのヒメクロサナエは数時間かかるな~。
気温が高いと羽化進行が速いのだろうか。


コヤマトンボ-01
一応コヤマトンボです。はい。
苦戦の跡ですね(^_^;)

コヤマトンボ-02
どうにもこの手の写真を撮っていると時間が過ぎるのが早くて。
ついついムキになってしまう。


アオサナエ-03
今の季節はこれが外せませんね。
サナエ界の異端児??
美しいサナエ!アオサナエ。

上記すべて一ケ所での観察。
相変わらずいい感じだった。

しかしさらに下流のサナエポイントは惨憺たるもの。
アオサナエ、セスジイトトンボが数個体、アオハダトンボは一つ見られただけ。
駐車場の拡張工事の影響だろうか。
トンボポイント受難の年になってしまうのか、かなり心配。











スポンサーサイト
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。