スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎だの何だの


昨日は最近の甲虫ホットスポットに。

しかし天気が予報よりさらに宜しくなく寒いほど。

そんな中でもわずかに太陽が出てくれると虫も顔を出す。


ウスイロトラカミキリ-03
実は初見のウスイロトラカミキリ。
触角がえらい短いな~という印象。


シラホシカミキリ-03
本家。
”ニセ”の方が珍重される可愛そうなシラホシカミキリ。
ニセか??と一瞬色めき立ったが本家と知って撮影も等閑。


クロサナエ-02
食事中のクロサナエ。
これは嬉しかった。
今季は出会いが多いクロサナエ♂!


ホシホウジャク-02
クロ??だろうか。ホシ??だろうか。
ホウジャクの仲間。
ついつい夢中で撮ってしまう。


クロキスジカンムリヨコバイ-01
またまたきれいなヨコバイ。
その名もクロキスジカンムリヨコバイ。
ヨコバイやアワフキは地味な物が多いが、綺麗な物に出会うとなかなかに上がる↑↑






あけて今日。

用事を片付けてから出かけてみる。

最初のポイントに着いたときすでに14:30

オニグルミが有ったのでキモンカミキリを探したのだが・・・・


シナノクロフカミキリ-01
いたのはシナノクロフカミキリ(多分。トゲバではないと思っている)


周囲の葉上ににはラミーカミキリが沢山いる。

その中にトラ模様のやつが!

オオトラフコガネ-03
普通種なのだが是非とも見てみたかったオオトラフコガネ!
ようやく出会えた。


ヒメアシナガコガネ-03
さらに散り始めたクリの花にはこれまたみたかったコガネ。
ヒメアシナガコガネ。


う~む。だんだんあったまってきたぞ。

さらに前々から目を付けていた桑の木のある場所に移動すると・・・

トラフカミキリ-05
むむむっ!スズメバチの様な奴が!

トラフカミキリ-02
こりゃ~かっこいいわ~!カッコ良すぎるわ~。トラフカミキリ。


この辺で打ち止めで良いんだけどさらに追い打ちが!

帰り道何気なく目の前の枝を払おうとしたら・・

アヤヘリハネナガウンカ-01
おっ!ハネナガウンカ!
しかもマエグロとかじゃなくて複雑な模様が入ってる!

アヤヘリハネナガウンカ-04
ひゃ~!アヤヘリハネナガウンカだ!
これはホントに良い物見られたな~!!





スポンサーサイト

トンボ再遠征とか


再びオオトラフトンボの撮影に行ってきた。
前回は羽化の最終盤だったがそろそろ池の周りを飛び回っている頃。
ところが!現地に着くとなんと捕虫網を持った人が二人。
これはショックだった。
しかし、その後捕獲マニアではなく、某団体の方だと知った。

オオトラフトンボ-04
背景は福田平八郎「漣」
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu120/artrip/gallery_05.html
のオオトラフトンボ

オオトラフトンボ-08_01
旋回の瞬間。びよ~とした尾毛が特徴的。

このオオトラフ君は同一個体。その後捕獲されてしまった・・・・
正直複雑だ・・・・


エゾイトトンボ-01
こちらいつものエゾイトトンボ。
変わった感じで撮れた。





その他、近所の里山も。

キイチゴ-01
モミジイチゴたくさん。
結構食べた。20~30粒くらいは。
1週間経つがまだ腹はなんともない。


ヨモギシロテンヨコバイ-02
きた~!!!見たかった昆虫トップランカー!
ヨモギシロテンヨコバイ。
普通種なのだろうが、今まで見られなかった。
なぜ羽をひろげているんだろう?
閉じている所は滅多に見られないそうだ。


ケブカチョッキリ-02
一年ぶりです。ハイイロチョッキリ。
チョッキリには美麗種が多いがこれは地味。
でも毛深くてマンモスの様な風格がある。


オニグルミノキモンカミキリ-09
Jさんに教えてもらったオニグルミノ。やりました!
体長は10mmを下回ると分かっているのに、現物を見るとあまりの小ささに驚く。
ありがとうございました<(_ _)>
あと残るははトラフカミキリのみ。


キイロトラカミキリ-01
毎度のキイロトラだが、切り株上でカッコよく撮れたな~。
と自画自賛。


アマガエル-03
調子に乗って今週のカエル。
キノボリガエル?ははは。
アマガエルですよね?まさかカジカガエル?


カジカガエル-01
こちらはちゃんと?カジカガエル。

雨でも元気な


先週の梅雨空の中での観察。

ミドリシジミ-02
今季初ミドリシジミ。
何を好き好んでこの時期に発生のピークとなるのか。
そしていつも通り、遅い時間だと羽は開いてくれない。


ミヤマサナエ-01
川に入ると足元から羽化直後の中型サナエが。
これはもしや・・・

ミヤマサナエ-02
尾部を確認!2年ぶりのミヤマサナエ!
驚いた事にこの時すでに午後3時を回っていた!!

この中流域では羽化のみ観察し成熟個体は見られない。
というか熱心に探していないからわからないのだろうか。
見上げる高い葦に止まってしまったので撮影できなかったのが残念。



オジロサナエ-02
オジロサナエの羽化も確認。
これも午後3時過ぎ!
なぜ雨なのに羽化しようと決断するのだろう。

オジロサナエ-05
撮影しようとすると速く飛び立とうとする。
やはり接近は彼らにとっては脅威なのだろう。
羽化の失敗にも直結することも有り得るのでは?
こういう状態の時の撮影は少し控えるようにしよう。


カエル三昧


トウキョウダルマガエル-01
トウキョウダルマガエル

アマガエル-01
アマガエル

モリアオガエル-03
シュレーゲルアオガエル

モリアオガエル-01
ちょっと遠くで撮ったモリアオガエル。
下には卵塊が山盛りだった。
後に虎視眈々の♂が・・・・






天牛+天牛+天牛



先週末天牛がまぁまぁ見つかったので列挙。


マツシタトラカミキリ-01
遠かったがマツシタトラカミキリ。
ノーブルなマーブルが素敵♡
見たかったカミキリ第1位だった♪


トゲヒゲトラカミキリ-01
まぁありきたりなとこでトゲヒゲトラカミキリ。


ケシカミキリ-02
ケシカミキリはたくさん。
あまり素早くないのが撮る側からすると嬉しい。


ヤツメカミキリ-02
これもかっこいい!ヤツメカミキリ。
あまり見た事ないかも。


カラカネハナカミキリ-01
ある程度標高が高いとこんなのも。
カラカネハナカミキリ。


その他、わりとどうでもいい”サビ○○”が3種とヒメトラとかシラケトラなぞも見られた。
少し山を下りて探す。


ヒメヒゲナガカミキリ-01
この所良く遭遇するヒメヒゲナガカミキリ。
体長の2倍以上の触角は♂の様だが。


クビアカトラカミキリ-02
伐採木には数種のトラが。
こちらクビアカトラカミキリ。


キスジトラカミキリ-01
トラにしては複雑な配色のキスジトラカミキリ。


キイロトラカミキリ-01
この時期伐採木の最多個体数を誇るキイロトラカミキリ。
やんなるほどだね。これは。

その他ここでも2種ほどサビが。さらにエグリトラも多数。


今季大分見られたがこの時期はトラフカミキリ、オニグルミノキモンが撮れたらもういいかな~。
秋になったらコブヤハズとかは探したいけど。
ま~一段落かな。


その他もちょこっと。


ジャバラハエトリ-02
ジャバラorコジャバラハエトリの♂
♂は希少でなかなか見られない。(様な気がする・・・・)
私もこれで2度目。


チャイロアサヒハエトリ-01
そこらにたくさんいるけど。
チャイロアサヒハエトリ
なんかカッコよく撮れたからつい・・・


ドロハマキチョッキリ-04
森の中では大きくて不細工な揺籃を沢山見たので、”ついに見つけた!!!”
と思ったが。
残念ながら今回もドロハマキチョッキリ。
イタヤの道は遠い。
今季はもう無理だな。




トンボどーんと


このところ探したトンボをどんと。


サラサヤンマ-02
今年はどこも渇水状況で心配されたが、産卵を確認できたサラサヤンマ。
曇天の時の方が産卵は簡単に見られる様に思う。
♂が不活発なせいなのかな?


ヒメサナエ-02
川の源流域ではヒメサナエ。
成体は何年ぶりに見ただろう。
今年はここ数年では当たり年なのかな。


クロサナエ-06
さらにクロサナエ。
♂は実は初めて見た。
パッと見でダビドとは違うな~と思えた。

クロサナエ-08
尾部付属器がダビドよりかなり短め。


ダビドサナエ-01
で、こちらはダビドサナエ。
今迄何度も騙されたな~。


コオニヤンマ-01
コオニヤンマは源流域から中流域まで幅広く。
あまり嬉しくないトンボかも知れない。
なにしろヤマサナエクラスのサナエを咥えて持って行ってしまうのだから。


オジロサナエ-01
少し標高を下げ中流域ではオジロサナエの羽化が盛んだった。
ヒメより1週間遅れ位と認識すればいいのかな。


アオサナエ-02
ここで見なけりゃトンボ好きがすたる!のアオサナエ。
何度撮っても見つければ必ず撮影してしまう。
魅惑の?サナエ。


アオハダトンボ-03
発生期間があまり長くないので頑張って撮りたい、美しいアオハダトンボ。
直射日光でコントラストが強すぎ・・・・


ミヤマカワトンボ-01
岩に写るうっすらとした羽の影が美しい。
そろそろ水中産卵も期待したいミヤマカワトンボ。


オオセスジイトトンボ-11
年に一度は見に行かないと。
と思わせるオオセスジイトトンボ。
今年の水不足で例年になく湧水地は汚れているのが気がかり。
オオモノサシやベニイトはまったく見られなかった。

オオセスジイトトンボ-04
♀は♂に比べて開けた所に出て来ていた。
邪魔の無い背景で撮影できることが多いように思える。


アカシジミ-01
番外で今季初のアカシジミも。


盛り沢山!素晴らしいトンボ行脚!!




越後


先週末ちょこっと越後方面
夜行車中泊の朝一アカショウビンが鳴きながら飛んで行く。
幸先だけは良かった。
色々見られたものを列挙。
鳥から~~

サンショウクイ-01TR
ほとんど高い針葉樹の天辺。
もう少し低い所に来てくれるとな~のサンショウクイ。
バタバタして・・

サンショウクイ-02TR
飛立ち~。

サンショウクイ-05TR
こちらに向かってきた。




ノジコ-03TR
桐の咲く枝に・・と高望みしたのに。
結構時間をかけたがうまく撮れなかったノジコ。




ニュウナイスズメ-02
ニュウナイスズメは巣立った幼鳥?




ホオジロ-02
案外多いホオジロ。




オオアカゲラ-01
オオアカゲラも樹の天辺でのドラミング。
ほとんど下から見えず。
葉の隙間から強引に見上げるとこんな感じ。




サシバ-02
電柱の上か飛翔しか見られなかったサシバ。




ハチクマ-01TR
めっちゃ遠くのハチクマ。



クロツグミ-01
クロツグミは♀のみ見られた。



キビタキ-02
キビタキは相変わらず非常に多い。
最優先種かと思わせるほどの囀りの多さ。



オオルリ-01
空抜けしか発見できなかった。オオルリも囀り~。



オオヨシキリ-01TR
棚田を背景にオオヨシキリ。
こんなところで見ると新鮮。



キバシリ-01
チーッ!というどこかで聞いたような声がする。
いや~。まさかな?
と半信半疑だったが、やはりキバシリ!!

キバシリ-02
上の写真は雛の様。
こちらは採餌している親子。
これは驚いた!!

キバシリ-05
こちらは親かな?






当地では当然トンボもさがす。

カラカネトンボ-01
いつもの池にカラカネトンボ
2~3個体が飛んでいた。
クロスジギンヤンマもたまに絡んでくる。
飛翔写真にチャレンジして、すぐに
「なにもここでやらんでも・・・」
と思いなおす。



オオトラフトンボ抜殻-01
オオトラフトンボの羽化ラッシュは少し前だった様だ。
抜け殻。

オオトラフトンボ-01
なんとか残党を一つだけ!

オオトラフトンボ-02
飛立ちの瞬間を押さえた!



エゾイトトンボ-03
何故かクロイトトンボは一つしか見なかった。
こちらはたくさんいたエゾイトトンボペア。
カボンバに産卵中。

エゾイトトンボ-05
今回一番のお気に入り写真。

エゾイトトンボ-07
北方系はブルーが多くてきれいだ。



イワカガミ-01
イワカガミもきれい。
当地では私としては珍しく花も探したくなる。







自宅の宝石


自宅で庭に水を撒いていたら宝石が落ちていた!

アカスジキンカメムシ-05
4齢幼虫はいくつか見ていたのでもしかしたら成虫も見られるかと期待していた。
アカスジキンカメムシ!

アカスジキンカメムシ-06
我家の庭もなかなか侮れない物だ。




今日は海鳥に!
残念ながら鳥はあまり見られなかった。
北東の風で塩被りましたし・・・

だが、しかし!良い物も見られた。

DSC_0043.jpg
ようやく見られました!
イルカの代表と言って良いのではないでしょうか?
ハンドウイルカ!
確かわんぱくフリッパーがこれだった様な?
「ぼーくのフリッパー、フリッパー♪♪」
懐かしすぎやろ・・・・


プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。