スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道



航路を使って北海道へ行ってきた。
天気も有れそうだったので直前まで迷ったのだが。
往路の航路は寒くもなく風もそれほどでなく快適だった。




1Dウミスズメ-07
とにかく海上にはウミスズメが多かった。
こんなに多数見られたのは初めて。




1Dアホウドリ-03
観察開始から1時間もたっていなかったがクロアシアホウドリ?
双眼鏡で見たら長大なピンクの嘴!
アホウドリの若鳥!
これは幸先良し。




1Dミツユビカモメ-02
ミツユビカモメは少数が間断なく。
カモメが多かった。(ただのカモメ)
ミツユビに絡むトウゾクカモメが1羽見られた。




1Dキタオットセイ-01
キタオットセイ、今回は近い所で顔を出してくれた。




その他、午前中にアビ類1、オオミズナギドリ少々、クロアシアホウドリ1羽、
ウトウ4羽、ケイマフリ1羽と非常にポツポツの観察。




1Dコウミスズメ-01
午後はコウミスズメを頑張る。
しかし個体数は非常に少ない。
全観察時間で10羽程度しか確認できず。



今回びっくりだったのがエトロフウミスズメが全く見られなかった事。
3月上旬にも見られなかったようなのだが、どうしたのだろう?








2日目は苫小牧から200kmほど移動した道南。
前日夜の移動に時間がかかったので少し寝坊し、8:30からの活動。
シロハヤブサが見たくて訪れた場所は前日の積雪で私のレンタカーではきつかった。
現地でいつも降雪時に除雪をしてくださる通称「社長」
(いやいや通称でなく正真正銘社長なのだが)
の4駆に乗せて頂き、周囲を走ってもらった。
「昨日は午前中からいたんだがね~、まさか昨日の悪天候で帰ってしまう事もないだろうし」
なかなか気を揉ませてくれたが13:00過ぎにようやく姿を現してくれた。




2Dシロハヤブサ-05TR
基本は海岸線山側電柱上で獲物を物色。




2Dシロハヤブサ-06
浜側の障害物の無いエリアにカモメが侵入すると飛び立つ。




2Dシロハヤブサ-07
海からの強風にあおられてスピードの落ちるカモメ。
尻目に物凄い勢いで追尾する。
この日はカモメは落とさなかったが、サイクル的には明日がカモメを狩る有力日との事。
社長曰く「今日は真剣みがたりない・・・・」



2Dシロハヤブサ-13
本当に来年も来てくれると良いですね!
社長!色々ありがとうございました!



2Dシラガホオジロ-04
現地には小鳥も色々。
ベニヒワを1羽見かけ、判別できなかったホオジロ類も数羽。
ユキホオジロを見た人も。
これは1羽だけ撮れたシラガホオジロ♀。



2Dウミアイサ-02
近所の漁港をのぞくとウミアイサ。
ホオジロガモも近くにいた。



2Dコクガン-06
コクガンも10羽。
ちょこっと見ただけでほいほいこの辺りが出てくるのが凄い。






翌日は大沼へ。
今回は確実にヤマゲラを見たいと思いこの場所を選んだ。



3Dカワアイサ-03
湖ではカワアイサが雪国情緒な感じで。



3Dウミアイサ-10
さらにウミアイサも良い感じで。
北海道では淡水域でウミアイサも普通に見られ、
また港湾でカワアイサが普通に見られる。



3Dヤマゲラ-04
目標だったヤマゲラ2時間ほど彷徨しようやく出会えた。
アオゲラより速いテンポでピョーピョー。
さらに語尾が下がる。
ドラミングは太鼓の材質にもよるのだろうが思いのほか静かだった。
なんと同じ場所で15分も楽しませてくれた。



3Dベニヒワ-02
誰に話を聞いてもベニヒワはかなり分散しているとの事。
100羽を超える群れはもうあまり見られないと言っていた。
ここで見たのも15~20羽程度の小さな群れだった。



3Dベニヒワ-05
水面から生えている水草?ジュンサイの様な物?
赤い芽を好んで食べている様だった。



3Dベニヒワ-16
すっきりと雪上で。
その他、オジロワシ、ミコアイサ、オオアカゲラ、アガゲラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、キバシリ、などが見られた。




3Dカササギ-02
帰り際レンタカー返却場所のすぐそばがウトナイ沼。
ちょっと寄ってみる。
途中で電線にカササギを見つけた。
車を停めてちょっと撮影。



Dオオワシ-01
湖上ではオオワシが2羽で。
17:00過ぎの寄道でこんななのが北海道だ。






4Dアホウドリ-12
帰りのフェリーもあまり盛り上がらなかった。
しかしパラパラコウミスズメが見られた7:00頃。
アホウドリ亜成鳥!
往路の若鳥よりもかなり成熟っぽい。
水面でじたばたしていたがそのうちおとなしくなった。
無風のせいかな?



4Dクロアシアホウドリ-02
クロアシアホウドリはなんとも格好良い。
グラデーションのかかった色合いがとても好きだ。



4Dエトロフウミスズメ-01
ようやく1羽だけエトロフウミスズメを見る事が出来た。
しかし今年はいったいどうしたんだろう?



4Dウミスズメ-11
ウミスズメは復路もたくさん。
それにしても彼らの着水は乱暴だ。
静止画で見ると散弾で撃たれた様にしか見えない。



4Dハシブトウミガラス-02
ハシブトウミガラスは往路よりは多数見られた。
それでも例年より少ない感じは否めない。



3Dキタオットセイ-03
キタオットセイもたくさん。



4Dクロガモ-01
往路は見られなかったクロガモ。
ビロードキンクロが2羽混ざっていた。
他にアビ類、ヒレアシシギ類、イシイルカなども見られた。


港から家までの車中で「ケアシ!忘れてた」
とそこで気が付いたが後の祭り。
積極的には探さなかったからな~。
まぁまぁ。充実の遠征だったではないか!









スポンサーサイト
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。