スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨中


雨で家に押し込められて鬱憤が溜まって、リミッターがブチッと。
田圃・葦原に出かけてみた。




ゴイサギ-01
少し丈の伸びた稲の隙間に蠢く影。
背景が淡い緑だとゴイサギの羽色も映える。




ケリ-04
ケリはヒナが生まれ子育て中。




ケリ-01
大きさは既に親鳥の2/3程度。
チドリの仲間は筍の如く育つ。



オオセッカ-01TR
オオセッカは雨を物ともせず囀り飛翔を繰り返し、楽しませてくれた。




コヨシキリ-02TR
コヨシキリも雨のせいで警戒心が薄目なのだろうか?
近くから撮影できた。




ヨシゴイ-01TR
おっと。忘れていた。
ヨシゴイ追加で。
3個体が飛び回っていた。



雨の中比較的近所でこの位楽しめればかなりの満足。








スポンサーサイト

今週の昆虫等

今週撮ったトンボや甲虫。
今日は雨で暇だったので溜まった画像の整理が捗った。




2-ベニカミキリ-01
咲き始めた栗にたくさんきているベニカミキリ。
そういえば伐採木などで見た事が無い。




2-チャイロホソヒラタカミキリ-02
夕方5:30を過ぎると見る機会が多くなるような気がする。
チャイロホソヒラタカミキリ




2-シリジロヒゲナガゾウムシ-01
棍棒状の触角が可愛らしい、シリジロヒゲナガゾウムシ。
頻繁に見るが撮れたのは初めてかもしれない。
素早い。



2-ヤツボシツツハムシ-02
きたー!!ヤツボシツツハムシ!!
これは見たかったツツハムシの一種。




2-ウンモンテントウ-03
あまりテントウムシは撮らないのだが、これは面白い。
ウンモンテントウ。




2-イタヤハマキチョッキリ-03
ようやっと出会えたイタヤハマキチョッキリ!
やはり抜群に美しい。




2-イタヤハマキチョッキリ-08
飛ぶか!?飛ぶか!?
ギリギリのところで思いとどまり、なんとか羽を広げた姿を撮影。




1-モートンイトトンボ-01
少数だがなんとか見られて嬉しいモートン。




1-ハラビロトンボ-01
ハラビロトンボもまだまだこれから。
ピカピカの若手男子。




1-アオハダトンボ-01
アオハダトンボは今が旬といった感じ。
方々でテリトリーを争う。
産卵ペアも沢山見られた。




1-サラサヤンマ-03
サラサヤンマも色々な場所で見る事が出来た。
最も人に接近するヤンマだろう。
目の前を羽音を残し横切って行く。




1-サラサヤンマ-01R
まだ♀の産卵は見かけない。
こちらもまだまだ楽しめそうだ!!!




1-アオサナエ-02
中型中流域サナエも今が最盛期。
目の前に♀が産卵に来たが、あっという間に2頭の♂が。
難なく片方がさらって行ってしまった。
こちらは獲得に失敗した個体。
アオサナエは何度撮っても飽きがこない。




1-ホンサナエ-05
ホンサナエの葉上に止まる姿は初めて撮影した。
アオサナエが接近すると撃退する。




3-キタヤハズハエトリ-02
キタヤハズハエトリも去年は見ていない。
2年ぶりに見られてホッとした。




3-ヒメスジハエトリ-01TR
体長2mm弱のヒメスジハエトリ。
もしかしたらまだ成熟しきっていない個体なのだろうか??



と、まぁ息を抜く暇も無いほどの色々でした。




恒例



年に一度の越後参り。
先週土曜に行って来た。
どうも鳥より小さなものに目が向きがちで、そんなものの撮影に時間をかけてしまう。




オオトラフトンボ-07
朝一番、オオトラフトンボのヤゴを見つける。



オオトラフトンボ-05
ゆさゆさと皮を脱ぐ。
なかなかに激しいアクション。



オオトラフトンボ-02
巧みに体を捻りぶら下がり。



オオトラフトンボ-01
ストレッチ。
肝心の飛び立つところは見損ねた。
周囲他に3個体が羽化。羽化殻は4個見かけた。



カラカネトンボ-02
カラカネトンボも少数が飛び回る。



クロスジギンヤンマ-02
此処まで来て撮るものでは無いだろうに。
クロスジギンヤンマは挑発するように眼前を横切る。
相手にしないとゆっくり飛び、ならばと気合を入れると素早く飛ぶ。
すっかりあしらわれてついつい没頭してしまった。



マダラアサヒハエトリ-03
地元ではなかなかお目にかかれないクモも。
マガネアサヒハエトリの♂
綺麗な個体だったが左側第4脚欠損。



ジムグリ-01
走行中目の前にいてもう少しで轢きそうになったヘビ。
アオダイショウ?と思ったが、降りてみたらジムグリだった。
幼体はオレンジなど派手な模様が入る。
成体はこの様に無紋でシンプルになるらしい。



ニュウナイスズメ-01
で、鳥はというとこのニュウナイスズメと。




ノジコ-04
ノジコを撮るのみだった。
アカショウビンの声は全く聞かなかった。
ブッポウソウは見る事は出来た。
全体的に鳥が少なかった??
昆虫等に意識が入り過ぎていたのかもしれない。



縄文式土器-01
帰路、十日町市立博物館により、国宝の縄文土器を堪能。
完品で出土した物数点。
素晴らしいコレクションだ。



縄文土偶-01
こちらは土偶の欠片。
現在迄に発掘されたもののうち、世界最古の土器は日本の縄文土器。
日本の文化は大陸からの舶来からの発展と思っていたが、日本人捨てた物ではない。
にしてもこれだけの物なのに見学者が私含め3人とは・・・
東京に借りてきて特別展等企画したら、どれだけ集客できるのだろう?




プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。