スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州



年に一度の信州高原。
今年もいつもの昆虫たちが健在で嬉しい限りだ。
新奇な物を求めるのではなく、良好な環境が継続されていく。
その様を確認するのはとても重要な事だと思う。




CIMG0064.jpg
雨の蓮池。
蓮の葉の微妙な色合いの違いが美しさを醸し出す。
ポツポツと咲く白い花がアクセント。




オオルリボシヤンマ-01
まずはトンボから。
生息数が非常に多いので色々な姿が観察されるオオルリボシヤンマ。
♂が♀を追いかけているのかと思いきや。




オオルリボシヤンマ-15
産卵の警護であった。
♂は一点でホバリング。




オオルリボシヤンマ-14
順光であれば良い写真も撮れたのであろうが。




オオルリボシヤンマ-12
たまに挨拶に来る♂。
2度ばかり脚に止まりに来た。
そしてニヤリと笑い飛び去って行く。




カオジロトンボ-02
カオジロトンボも連結。
♀を捕えた直後。
♂の翅がフルフルしている。




カオジロトンボ-03
他のアカネの仲間と違って、突出する場所に止まらない。
よってすっきりした写真を撮るには忍耐が必要になる。
この日は高温・晴天の為か木道にはあまり止まらず。
一目では簡単に見つからない、草の中に止まる事が多かった。
ただ、縄張りはかなりはっきりしている様だ。
同じ個体が同じ場所で長時間頑張っている。




ハナカミキリの仲間も多数観察できる。
しかし花の中にどんどん潜ってしまうので、小さめの物は確認できない物が多数。
思わず下に傘でも置いて花柄をユサユサしたくなる。
でも、それをやってしまうと彼らの生活圏を侵してしまうからね。




アサマヒメハナカミキリ-03
こちら個体数が多かったアサマヒメハナカミキリ。
チャイロヒメハナよりも多かった。



チャボハナカミキリ-02
こちらはヒメハナカミキリの仲間の中では比較的個性がある。
チャボハナカミキリの交尾。




ブチヒゲハナカミキリ-01
ここでしか見た事のないブチヒゲハナカミキリ。
一見アカハナカミキリ。




ニョウホウホソハナカミキリ-01
ニョウホウホソもここでしか見た事が無い。
県内でも確認したいものだ。
この個体はズンズン花の中心部に潜ってしまい撮影は難航した。




キヌツヤハナカミキリ-05
まさに絹艶!!
キヌツヤハナカミキリも健在。



ツマグロハナカミキリ-01
これも当地でしか見た事のない模様。
ツマグロハナカミキリの肩一点のみ黄色の個体。
ここではこの模様がスタンダードで、他の模様は少数派だ。




ルリハナカミキリ-02
これを見たいが為に粘っていた!
深い瑠璃色に輝くルリハナカミキリ。
上肢根元辺りは、もっと美しく見える角度が有る。




ニセフタオビヒメハナカミキリ-03
ニンフホソハナの中に混じった小さなカミキリ。
ニセフタオビヒメハナカミキリ。
後方のニンフに比べてもその小ささが分かる。
極小のカミキリ探しには面白味が詰まっている。




ハチクマ-01R
と、足元ばかり見ているとす~っと猛禽が目の前を。
気付いてカメラを持ち換えて撮っても時遅しのハチクマ。




ヒガラ-02
ヒガラは若いのやらなんやらがひっきりなしに眼前に迫る。
鳥はこちらが昆虫を撮っていると、意識の薄さをはっきり認識する。
それにしても、なにも頭に止まろうとしなくてもいいじゃない。






スポンサーサイト
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。