スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

keshi!芥子!ケシ!けし!



信州以外、近所の最近の甲虫を。




Bルイス
なんと、なんと。
せいぜい6月初旬位までが発生限度と思っていた。
8月中旬に見られるとは思わなかったルイスアシナガオトシブミ。
今シーズン見たかった昆虫のトップランクの一つだった。
春先に念願かなったがまた出会えた。
幸運の口火を切ってくれた天使さま。




Bアカアシクワガタ-01
なんじゃこれは?中途半端な大きさの顎。
アカアシクワガタは個体により大分大きさに違いがあるようだ。
この前見たのはもっと立派な顎だったな。




Bコヒゲシマビロウドコガネ-01
妙に頭部の小さなコガネムシ。
調べてみたらその名もコヒゲシマビロウドコガネと言うらしい。
角度が少し悪いせいもあるが、名の通り触角が全然見えない。
なかなか綺麗な背面だった。




Bオオスジコガネ-01
こちらは最近よく見かける。
オオスジコガネかスジコガネのどちらか。
どちらも良く似ていて識別点を理解していないのだ。
いつもどっしりとしていて、落ち着きがある。
悪く言えば鈍重でデブチン。




Dアトモンマルケシカミキリ-01
この所ケシ探しに時間を割くことが多い。
というか他の虫がなかなか見つからないのが理由だが。(笑)
こちら最も安定して見られるアトモンマルケシカミキリ。




Dシラオビゴマフケシカミキリ-01
この様に交尾していれば見つけるチャンスもままある。
普段は枯れ枝の下面にへばりつき見つけるのが難しい。
シラオビゴマフケシカミキリ。




Dシラオビゴマフケシカミキリ-02
いや、驚いたのなんのって。
↑の写真を撮っていたら、狭いスペースにアゲハ蝶がはたはたと侵入。
羽ばたきで♂を叩き落としてしまった!!
一人残された♀。



Dガロアケシカミキリ-01
あまり見られないガロアケシカミキリ。
去年は見つけられなかったので、2年ぶりの撮影。
この個体はケシカミキリの仲間としてはかなり大きく感じた。




Dクモガタケシカミキリ-04
そして!とうとう今日見つけた。
クモガタケシカミキリ!
メガネを外して、細い枝を一本一本こそぐ様に見ていく。
運がいいと見つかる。



こう書いていて今気づいたのが、今季キッコウモンを見ていない。
去年は一番多かったが、何が理由なんだろう??




シロオビトリノフンダマシ-02
おまけ。
このところ湿地各所でよく見られるようになってきたシロオビトリノフンダマシ。
由緒正しい陶器を思わせる、素敵なデザインだ。
しかし、俺は、俺は、赤いのが良いんだがなっ!赤いのが!






スポンサーサイト
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。