スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち位置



この時期の昆虫はほとんどが最終盤。




キボシカミキリC-02
キボシカミキリを3個体も見つけた!
一つでも嬉しいのに驚いた。
触角にクモの糸が絡みついていたので、死んでいるのかと思ったが、突いてみると緩慢に触角、前脚を動かした。
あとどの位生きていられるものか。
流石に今回の寒波で絶えてしまうか??
カマキリはとうとう見られなくなった。
撮影 12/7 埼玉県にて。




コミミズク-01
こちらはこれから越冬のコミミズク幼虫。
あくまでひっそりと冬を乗り切る。





ミスジトガリヨコバイ-01
こちらは成体での越冬。
ミスジトガリヨコバイ。
ヨコバイの中では大柄なので見栄えがする。
コミミズクとヨコバイ共に 12/4 埼玉県にて撮影。




クロスジフユエダシャク-02
この寒い中、活動のピークを迎えるフユシャク。
昼行性のクロスジフユエダシャクだろうか。
撮影 12/6 栃木県

厳しい状況で繁殖活動をするのは同種とのかち合いをを避ける為??
それでも鳥などに捕食される危険は多分にあるのだが。
ん?その為の夜行性か?

今季は怪しいオッサンになって夜探ししてみるか?!























スポンサーサイト

トンボ終認???



今季最後になるかも??
と、12/2にトンボを探しに行ってみた。
当日は晴れてはいたが、非常に風が強かったので懸念されたが、いくつか見る事が出来た。




ミヤマアカネ-11
ミヤマアカネは比較的個体数は多く、10位は見られたと思う。
当地では決して少ない数ではないと思う。



ミヤマアカネ-01
ぺったりと腹部を岩に付け温まっている。
♀は♂よりも少ない様で、これから伴侶を見つけるのは大変そう。




マユタテアカネ-02
マユタテアカネは連結しているのを見つける。
強風の中、健気に産卵していた。




ヒメアカネ-01
あれ?ちょっと違うアカネを見つける。
ヒメ?マイコ??
あまりに老熟しすぎて、どちらか分らんぞ??




ヒメアカネ-02
尾部をしっかり撮ろうと思ったが、思いのほか敏感。
飛び去ってしまい、残念。




コカマキリ-01
剽軽コカマキリも!
産卵間近か?パンパンの腹。



例年、12月にトンボを探しに来ると、ミヤマアカネやマユタテアカネと同数程度のキトンボがみられる。
マユタテなどの個体数が減る寒さになっても、キトンボは生き残る様なイメージがある。
今回ミヤマは10程度、マユタテは少なくとも20個体位は見られた。

前回11月上旬に来た時にもキトンボはようやく一つ遠くに見られただけだったが、今回は皆無。
もともと、多産地というほど沢山発生していたわけでは無い。
そこに、連日の様に捕獲者が入ればこんなものなのだろう。
いよいよ風前の灯?




プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。