スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンウミ


今年もカンムリウミスズメ調査船に同乗させて頂いた。
何とも非日常の探鳥が楽しめて、暫くこの記憶だけで楽しめる。(しめしめ!)
午前中早い時間は定点での観察。
色々楽しめたが何と言っても午後!
潮目を探すと沢山の鳥が観察された。
アホウドリ類やアカアシミズナギドリ。
期待通りのトウゾクカモメにヒレアシシギ。
しかしなんといってもここはカンムリウミスズメ。
20個体程度観察されたが、それぞれに個性的だった。

カンムリウミスズメA-04
カンムリウミスズメ
個体A
午前中はべた凪だったので水面も穏やかに映っている。
この個体が一番きれいだった?

カンムリウミスズメB-01
個体B
カンムリの黒い冠羽がすだれ状になっている。

カンムリウミスズメC-01
個体C
冠羽が少ないように見える。

カンムリウミスズメD-02
個体D
遠目に見た時 ウトウ??と思った。
全身が黒いのは油で汚染されている為。
残念なことだ。
リーダー達が保護を試みたがまだすばしこく泳げるようだった。

カンムリウミスズメE-01
個体E F
番だろうか?

カンムリウミスズメF-02
個体G
これもなかなかのハンサム?いや美人かな?

カンムリウミスズメG-03
個体H
この個体はなかなか舷側から離れずじっくり見られた。
他の個体と比べて目が後ろ気味についている様に見える。
撮影角度のせいかな~。
のっぺりして見えたんですよ。
なんとなくマスオさんを想起してしまった。

貴重な観察、撮影ができて満腹~!
また是非!よろしくお願い致します!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

楽しかったですね。
どれもバッチリ撮られていてさすがです。
油爆個体は可愛そうでしたね。
油爆個体は長生きできないと言うO氏の言葉が印象的でした。
まだ元気だったので捕獲は難しかったですね。
次回、抽選に当たる事を祈りましょう。

No title

お世話さまでした。
いろいろと個体差がありますね~。
マスオさん、そう言われるとなるほど!です。
私も自分の写真を見ていて、誰かに似てる…と思ってました。
どのカンウミもしっかりこちらを警戒してるかんじもしますね。

No title

ジダンさん。ありがとうございました!
盛り沢山で満腹な一日でしたね!

一点だけ、よりによってカンムリの汚染個体が見つかってしまったのは、残念でした。
希少な一種ですので、助けてあげられれば良かったですが・・・

また載せて頂けたら嬉しいねすね!

No title

noriさん。ありがとうございました!
近距離で多くを見る事の出来ないカンムリウミスズメですが、個性が比較的分かり易いのかな?と感じました。
最後のカンムリはなんとも間の抜けた顔に見えてしょうがないです。笑!

う~む。確かにすべての個体が遠ざかりつつ、こちらを気にしている写真ですね。
やはり、リラックスした状態の写真は難しいでしょうか?

No title

カンムリウミスズメ、たっぷり。
うらやましい限りです。
じっくり観察できて、良かったですね。

こんばんわ

カンムリウミスズメ、綺麗な模様ですね。
個体差が分かり勉強になりました。

油のよる汚染、かわいそうですね。
油は結構浮いているのですかね。最近、流出事故は聞きませんが。

No title

mtana2さん。この季節は安定して見られる様で、存分に楽しめました。
他の海鳥は観察のチャンスはままあると思いますが、カンムリに関してはじっくり見る機会は少ないので感謝、感謝です!

No title

hiiragiさん。観察機会が少ないので、よりじっくり見る為に違いに気付いたりするのでしょうね。

油爆個体は残念でした・・・
大がかりな流出でなければ割に頻繁にあるのでしょうか??

No title

カンムリの目線がおもしろいですね。
意識してるのかな?
近くて良かったですね。
ここのところ寒いけど、暖かい日は
ひねもすのらりくらり?は楽しいですよね。

No title

tokiさん。カンムリはこちらを警戒しているようです。
ゆっくりゆっくり遠ざかっていきます。
平行に泳ぐ事はありますが、こちらに向かってくる事はあまりないようです。

ひねもすのらりくらり?原文なんだったけ?
とちょっと考えてしまいました。笑!
さっすがに上手いな~と一人会社でニヤニヤしています。

No title

あ~~カンムリウミスズメ・・・
数少ないこだわりのライファー(^^;)なんです!
そのうち、連れてってもらいたな~~っと !!

なかなか水鳥には縁がなくなりつつ(笑)

No title

isa-birdさん。水鳥は対象外と思っていましたが、特別な思い入れのある物もいるのですね。

調査船は私も余剰が出た時に乗せてもらっている感じです。
機会があれば、我々で釣り船チャーターで行ってみたいものですね!
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。