スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原!!

お盆休み、高原に出かける。
やはり高地は涼しくて良い!
とはいえ30度を超えていたらしく、トンボなどは例年と違った動きだった。
普段だとカオジロトンボは木道に止まるのがほとんど。
今回は周囲の草に止まる事の方が多かった。
トンボは撮影チャンスが少なかったのでその他の物をいろいろ。


ツマグロハナカミキリ-01
地元丘陵地でも普通に見られるツマグロハナカミキリ。
アザミの上のカミキリは一度撮ってみたかったので◎


ルリハナカミキリ-05
黒っぽいハナカミキリはかなりたくさんいるのだが、光線の具合で青く輝く。
ルリハナカミキリの様だ。
一見地味だがとてもキレイだ。


イガブチヒゲハナカミキリ-02
アカハナカミキリに似ているが髭が斑模様。
前胸がほとんど無毛だとブチヒゲハナカミキリ。
毛深いとイガブチヒゲハナカミキリらしい。
これはイガブチヒゲの様だ。

どうやら真逆の様で、こちらがブチヒゲカミキリみたい。

ニョウホウホソハナカミキリ-02
こちらはニンフのブチヒゲ版?ニョウホウホソハナカミキリ。
なんだか排尿に苦労がありそうなネーミングじゃないか?


hマツシタヒメハナカミキリ-01
ヒメハナカミキリA
正直この辺かな~くらいしか判別できない。
マツシタヒメハナカミキリ???


hカクムネヒメハナカミキリ-03
ヒメハナカミキリB
カクムネヒメハナカミキリ???


hアサマヒメハナカミキリ-01
ヒメハナカミキリC
アサマヒメハナカミキリ???



カミキリ以外もまぁまぁ


ミヤマカラスアゲハ-03
美し~ミヤマカラスアゲハ!!


オオマルハナバチ-01
執拗に私の腕に接吻を試みるオオマルハナバチ。
「代わりに君のフサフサのボディーに触っても良いかな?」
という事で取引成立。
実際に触ってみると本当に柔らかな感触で驚いた。
確かクマバチは見た目と違ってカチカチしていたように思ったが。
胸部背面はいくら触っても全然気にしない様だったが腹部に触ると嫌がる。


メガネアサヒハエトリ-03
今回遠征で一番盛り上がった!!メガネアサヒハエトリ♂!!
これは東京の公園等でも観察できるものではあるが、これだけ美しい個体をまあまあ撮れたのは初めて!
しばし笑が止まらなかった!


チゴハヤブサ-03
たまには鳥も・・・・・
おまけのチゴハヤブサ。
大きすぎるおまけかな??






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メガネアサヒくん、いいないいな~です。
美しいですね!写真もバッチリで!

ヒメハナカミキリの花はヤマアジサイでしょうか?
うっすらピンクで絵になってますね。
ふさふさのハチ、なでなでしてみたいです~。

No title

ニョウホウのネーミングに関する文章には二人して大爆笑しました。
「よくまぁ、そんな風に考えられるものだ!!」と感心するばかり。
ハナカミキリの同定がサクサク出来たらいいけど、
こんなところかなぁ、と、詰めていくのもしんどいながら楽しいですよね。
メガネアサヒハエトリは本で見るより綺麗!!
チゴハヤブサは東北でも期待したのですが、外しました。
すごいおまけでしたね(^^)/

No title

noriさん。メガネ君は待望の撮影でした!
頭の先からつま先まで手抜きの無いデザインですね。

カミキリが集っているのはアジサイの仲間と思います。
ノリウツギやヨツバヒヨドリよりはるかに人気があった様です。

ハチは気持ちんよかでした。
おとなしくてペットみたいでしたよ!!

No title

あんさん。ニョウホウホソは最初に名前を聞いた時から泌尿器系の病気を連想してしまって、頭を離れませんでした。(^_^;)

ヒメハナカミキリは難しいというか面倒臭いです。(笑)
確実な識別は写真だけではかなり困難ですよね。
それでも気づくと一個体で30分くらいあーでもないこーでもない・・・・

メガネアサヒ♂は本当にカッコいいですよ。
私も数度の出会いですが、模様に微妙に個性が有るようです。

チゴハヤブサはおまけというには大物すぎましたね。
毎年来る場所です。
これからも継続してほしいですね~。
これ

No title

いつもの例の遠征でしたか?
お疲れ様でした。

ハナカミキリたくさんですね。
聞いたことない名前ばっかりです。(^^;)
ニョウドウホソ・・、いやニョウホウホソハナは早く押さえておきたいのですが未だ未見です。(笑)
確かにつらそうな名前で・・・。v-96

No title

高原ですか、よいですね~。
ハナカミキリの天国でしょうか。
このオオマルハナバチは、セイヨウの付かない在来種ですか?
メガネアサヒハエトリ、きれいですね。

No title

ジダンさん。恒例の遠征??です。

ヒメハナカミキリはま~こんなとこかな?
くらいのいい加減な感じです・・・(^_^;)
一生分かりそうもないっす。

ニョウドウホソもといニョウホウホソは標高の高い所の方が良いのでしょうかね?
いつもの山では見た事なかったですよね。

No title

mtana2さん、ハナカミキリはほとんどがたった一本のアジサイに群れていたものです。
思ったより個体数は少なかったです。
その分動き回らずに撮れたので良かったかもしれません。

ハチは細かい所は全然分かりません~?
オオマルは外来の物もいるんですか?

メガネアサヒは素晴らしい模様ですよね!

No title

こんばんは
だるいとかいいつつまた収穫を積み重ねている
ようですが^^!

こちらも準高原へ行きましたが、花には蜂やアブ
ばかり、唯一雑木林にいたのがアカハナカミキリ!
アブラゼミがエゾゼミに置き換わっただけで、植生も
虫も平地とほぼ同じでした(ぶつぶつ)。
山行ってベニシジミやオオアオイトトンボは見たくない
ですね^^。

No title

つばさ2号さん。山に行かれましたか?
植生が平地と同じは確かにがっかりですね。

それにしてもつばさ2号さんでも、標高の高い所でベニシジミ、オオアオアイトは見たくないんですね。
そんな条件でもなんとか面白い撮影をしたりとか・・・
何か必ず成果を持って帰り、めげる事が無いと思っていました。(笑)

No title

カミキリの??で大変ですね。
模様もですが、スタイルも大きな識別ポイントかな~
と思いつつ…分かりません(^^;)。
チゴハヤ良かったですね。

No title

tokiさん。ヒメハナカミキリの類は写真のみでは難しいんでしょうね。
紋、体型、触角にて判定なんてありましたが、数枚の写真ではなかなかに・・・・・・・

チゴハヤは例年の場所でした。到着時なりを潜めていて存在に気づきませんでしたが、帰り支度を始めたら雌雄ででてくれました。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。