スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏から秋へ


人間様的にはまだまだ全くの夏。

虫や植物は確実に先の季節に進んでいる様だ。

トンボも大分アカネが出そろってきた。


リスアカネ-01
シーズン初見は嬉しいリスアカネ。
秋たけなわとなるとあまり見なくなるような気がするが。


マユタテアカネ-01
アキアカネとナツアカネを除くと一番先に見るのがこのマユタテアカネ。
これはノシメ型のバンドが翅端についたタイプの♀。
ちょっとだけ得をしたような。


ミヤマアカネ-01
私だけの傾向だろうか?
去年は見る機会が激減したミヤマアカネ。
もともと個体数が多いと思っていたので、撮影も等閑になりがちだった。
しかしこれが希少になってくると、翅の美しさも相まって、ミヤマ撮影に遠征!!
なんて事になったりして。


ヒメアカネ-03
複眼がとてもとても美しい!!ヒメアカネ。
ミドリの中で浮き出すような赤いボディーも素敵だ。

あとは舞妓はんを見てとりあえず一安心したいな~。





甲虫は最終コーナーかな?


DチビシギゾウムシSP-03
チビシギゾウムシ?の仲間。
判定不可だった。
大きさはジュウジチビと同大。


クロカナブン-01
クロカナブンの豪快な交尾。


ヤハズカミキリ-01
ゾウムシはともかくカミキリはいよいよといった感じ。
左触角の折れたヤハズカミキリ。


オニグルミノキモンカミキリ-02
オニグルミノキモンカミキリは発生期間が長いのを知った。
しかしこの日に見た三匹のうち二匹は翅や触角が傷んでいた。






ヒメカラスハエトリ-04
こちらはまだまだこれからが旬
ヒメカラスハエトリ


ヒメカラスハエトリ-01
良く見える明るい所に出ている時はガードレールなぞ。
葉っぱの上などに出るときは大抵暗い所。
カッコ良く撮りたい被写体だが、なかなかに手強い。
大好きなハエトリだけに これ!!といった一枚が撮りたいものだ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

がんばってますね! こちらはロケハンばかりで
大した収穫がありません^^。

余りにも暑いと虫も発生が長引くのでしょうか?
今までの感覚だと残暑がぶり返しても、もう夏の
虫はおらず秋の虫の声が空しく響くのが常でした。

しかし今年は(まだ8月末で、もう少し経たないと
結果は見えませんけど)セミはバリバリ全開だし、
来年のがフライングで羽化したのか、小型のミヤマ
クワガタ♂が車に潰されたのも入れると各所合計
3匹も灯火に来てました。

No title

ノシメ斑のマユタテはうっかりしていると見逃しますよね。
キッチリ見つけているところがさすがです。
キモン君はまだいましたか。
こっちも気にして見てはいますが見つからないのでもう終わっているのかと思っていましたが・・。
そうそう、そのうちコブヤハズ探し、行きませんか??

No title

つばさ2号さん。今ロケハンという事は、来季を見据えてですか?

確実に秋の虫の声は増えてはいますが、確かに残暑のせいか夏の虫もまだまだ見られる様ですね。

クワガタは成体に変態するのは年数は特に決まりはないのですか?
そういえばカミキリでも35年幼虫で過ごしたなんて、ホントかウソかみたいな話を聞きました。

No title

ジダンさん。実はノシメ班があるので他種かと思いファインダーに入れたところで気付きました(^_^;)

オニグルミノキモンはまさかいまい?と思って見たところ、すぐに見つかったので驚きでしたよ。

コブヤハズ良いですね~。
ぜひご一緒させて頂きたいです<(_ _)>

No title

再度おじゃまします^^。
ロケハンは今シーズンです^^。って言うか本番兼ねてでした。
いてもおかしくない時期で、すでに撮られた方もいますよ。
来週が勝負でしょうか^^。

カミキリの長期潜材ですが、ある種のタマムシでも知られていて
家具から脱出した話は有名です。
材の水分が少ないと生育に時間がかかってしまうそうです。

クワガタは冷夏で蛹化を見送った幼虫が翌年に羽化すると
大物になるという話が(真偽は不明ですが)出ていました。
専門家に聞いた話では、最近温暖化で早く成長して羽化する
為にそれが大型のクワガタが減った一因になっているそうです。

トンボでも大きさは別ですが、寒冷地のオオルリボシなどが
冷夏で羽化を1年遅らせることがあるそうです。

No title

つばさ2号さん。
あわよくば観察できれば。といった感じだったのでしょうか?
対象はなんだろう?
更新期待しています。

昆虫の生態は奥深い物でですね。
それにしても流石の博識ですね。
材に水分が少ないと成長が遅れる・・・・
植物の種が発芽条件にならないと、いつまでも命の元を保持し続けるのと同じなんですね。

オオルリボシヤンマでも羽化が年を越す事があるんですね。
ちょっと驚きです。

No title

らーしょんさん、前半はご一緒したみたいな記事ですね。
リスアカネにはまだ会えてませんが…。
赤とんぼやっぱり気になりますね。

No title

オニグルミノキモンカミキリがまだいるのを確認されたのも
すばらしい情報ですね。
たとえ触角が折れていてもヤハズカミキリ、羨ましいです。

今年のカミキリ探しはおかげさまで効率的に探せました。
来年はこれを踏まえて探せば、もうちょっと見られるかな?

ヒメカラスハエトリは可愛いですね!!
野鳥クラブのSさんがそれを力説しておられたけど、
この写真を見ても成程と納得できます。




No title

チビシギゾウムシはなんでしょうね?
ジュウジチビシギゾウムシくらいということは
けっこう小さいですよね。
あちこち痛んでるとはいえ、カミキリまだ見られてうらやましいです。

No title

赤トンボが目立ち始めましたね。
ヒメアカネのiマークも鮮やかです。
MFで舞妓さんに会いたいのですが・・・。

No title

tokiさん。本当!驚きです。序盤似てますね!
コノシメまで撮っていますね。
私はこれは未だ見ていませんです。
赤トンボがメインになってくるともう秋ですね~。

No title

あんさん。いつもの観察地でどんな変移を見せるのか?
あまり多種類が観察できなくとも傾向を掴みたいと思い出かけてみました。
そういえばヤハズは毎シーズン一個体づつの発見なのが面白いです。
私もかな~りあんさん御夫妻に触発されましたよ。
色々感謝しています。

ヒメカラスハエトリやカラスハエトリは視線の向け方が他のハエトリに比べて、キョトンとした感じで可愛いんです。
写真受けするはずなんですが、なかなか良い所に出てくれません。

No title

noriさん。そうなんです。3mm位だったのではないかと思います。
小さくて茶色のシギゾウムシ???
なんでしょうね??

カミキリは傷んでいない秋物探しのシーズンですね。
目視探索だと難しい種類が多いですが、頑張ります。

No title

mtana2さん。赤トンボはじっとしていてもポンポン目に入ってくるといったほどではないですが、フィールドに出る度に観察機会が多くなってきました。

MFでマイコアカネは凄いですね~。
是非発見してください!!
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。