スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触発


先日ヤンマ探しの際、つばさ2号さんとアオスジカミキリの話をした。
翌日特に行く所も無いので、ちょっと夜探して見っかな?
と夜に出発。
県内ではほとんど生息している話を聞かないので少し遠出になった。
am1:00に大まかに目指していた場所に着。
早速、街灯の周りを探して見る。
そこは羅生門の阿鼻叫喚地獄だった。
車に押しつぶされたミヤマカミキリが沢山。
死にかけている♀に交接しようとする♂。
首だけになって蠢いている物。
そんな中かなり小さなカミキリを一つ見つけた!!
お~!いきなりのアオスジカミキリ!!
早速カメラを取りに車に戻り、ダッシュで引き返すと・・・・
その姿は消え去っていた・・・・
その後2時間粘ったがアオスジを再び見る事は無かった。



クロスジオオシロヒメシャク-01
ま、そんな中でも色々といるので楽しめる。
クロスジオオシロヒメシャク。
微妙な類似種は多いらしいが、まぁこんな所ではないだろうか。




ウンモンスズメ-01
こちらは大好きなスズメ系。
渋め緑が美しい!!
ウンモンスズメ。



灯火に集まる虫。
本来は月の光が常に一方向から当たるという前提から、その光に対し一定の角度を保って移動することにより真っ直ぐに飛ぶらしい。つまり灯火に集まるのは一点からの光に平行に飛ぼうとすると渦巻き状に中心に吸い寄せられてしまうという現象らしい。そう考えると外套の下で無残につぶされている昆虫は悲しい存在だ。

と、なるとその習性を利用し白いシーツなど張って虫を寄せる行為などは尚更かわいそうだよね。
う~っむ。とは言えこちらも採集記録等を見たりして参考にしていることもあるし・・・
と、自分の行動自体微妙な疑問符が取れない今日この頃である。
ま、とにかく、少なくとも採集の現場にだけは居合わせたくない物だ。



翌朝周辺を歩いてみると・・・
おぉっ!!これは!!




アオスジカミキリ-02
来た~!!アオスジ!!
すみません。<(_ _)> ウソです。
こちらは残念ながら御遺体。
木柵に付いていたのを葉の上に載せて撮った。
菌に侵されていた。
もう一体遺体があった。
生体の目撃がたった一度なのに、死骸を二体見るなんてね。
とりあえず、見る事は出来たし、生体ではないが写真も撮れたので・・・・
う~ん。40点かな。



その後適当に周囲を散策する。
カメラを持って歩いていると、「お~、何撮っとるの?」
と地元の人が話しかけてくる。
何人目かの人が「なんとかいう高く売れるらしいカミキリを探しとるのを見た事があるず」
と教えてくれた。
非常にゴチャゴチャしている道でなんだかよく分からなかったが、なんとか周辺到着。
と数頭の緑大型カミキリが乱れ飛んでいる。




オオアオカミキリ-03
かなり高い所に止まっていた。
撮影は300mm+1.4テレコンでこの大きさ。
オオアオカミキリ?アオカミキリ?
触角はご覧の通りかなり長く、力強い。




オオアオカミキリ-04
決定的なのは胸部前方の一対の刺状突起。
あればアオカミキリだが、それは見られない。
触角第一節の外側が尖っていればオオアオカミキリ。
丸ければアオカミキリだがそこは背面からの写真で良く見えない。

どうやらオオアオカミキリで良いようだがね。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

怖ッ!

ミヤマカミキリ、そんなにたくさん街灯に寄ってくるのですね~。田舎の街灯はスゴイです。
私も実家にいた時には、カブトムシやクワガタなどは橋のたもとの外灯の下で捕まえるものと思っていました。
虫が反応しない灯があればイイのですね~。

それにしても、描写が怖いっす。

No title

オオアオカミキリ やりましたね!!!!!
私の計画中獲物のひとつです。いいなあ!

アオスジは残念でしたね。しかし目星をつけ
見つけてしまうとはさすがです。
虫専門にコンバートしたいですね^^。

私は今日予定獲物その1を証拠撮影しましたが、
それ以上は無理でした。本番1回目でこれなら
御の字でしょうか^^。
でもその虫の採集の現場を見てしまいました。
もちろん近づかないので会話だけですが、
3匹捕ったのと1匹捕った輩達、総数5人以上。
貴重な種を乱獲するなんて・・・・・。

No title

夜の世界に進出ですか。
やみつきになってしまうのでは?

No title

KAEDEさん。近所に明かりが無ければ1箇所に集まるんですね。
色々見られて楽しい反面、可愛そうにも思えて複雑です。
にしても、甲虫は灯下で捕まえる物ってのは凄いですね!

いやいや大袈裟でなく凄い状況でしたよ。
虫嫌いの女性なら卒倒してしまいそうな。

No title

つばさ2号さん。あまりあてにしていなかったのですが、オオアオカミキリは驚きでした。
しかも時間は正午過ぎでしたので、尚更です。

アオスジはもう絶対に見られるものだ!
と思い込んでの行動です。
これで外すとその後ムキになって行くんですね。(笑)

またまた何か貴重な虫を探しに行ったようですね??
ブログアップはされるのでしょうか?
楽しみに待っていますよ。
それにしても採集者には・・・・・
そういえば去年松之山にオオトラフの捕獲者がいましたが、今季は全く姿を消していました。
捕獲の影響だけではないのでしょうが、何とも・・・・
なるほどつばさ2号さんが仰るように情報の発信の方法は考えないといけないんですね。

No title

mtana2さん。前述の通り、かなり虫がかわいそうな面もありますので・・・・
どっぷりになる事は無いと思います。
でもイボタガは見たいな~。

No title

スバラシイです!!
アオスジカミキリは遺体でもため息が出ます。
灯火にくるカミキリ探しをしなくては、
見ることのできないカミキリもいるんですものね。

アオカミキリとオオアオカミキリ、
そういう識別点があるのかと納得しました。

No title

あんさん。街灯の点灯ばかりはもう仕方のない事なので、少し可哀そうですが、しばらく観察してみてもいいかな?と思っています。
アオスジ辺りは昼間には難しそうですしね。

アオカミキリとオオアオカミキリの識別点は一応去年から頭に入っていました。去年アオカミキリを撮った時に
「もしかしたらオオアオなんて事はないかな?」
などと色気を出したものですから(笑)
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。