スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと美しいカメムシ



トンボ探しの最中になんとも美しいカメムシを見つけた。




カメムシB-02
全身が乳白色で所々に赤い模様。
色々調べたが、該当するものは見つからなかった。
脱皮直後の様だったので、これから変色して、定着するのか?
それも見越して、色々当たったのだが、どうしても不明??




カメムシA-01
こちらは何の変哲もないカメムシ。
と思ったが、やはり調べても種名は不明のまま。




ヘリアカキンノメイガ-01
メイガの仲間かな?
ヘリアカキンノメイガ辺りかも知れない。
小さいので存在感がないが、こうしてzoomしてみると、かなり派手。




キシタアツバ-03
このところよく見かけるアツバの仲間。
キシタアツバでよいと思う。
シンプルだが美しい配色。
とがった頭部がなんとも面白い。




アオイトトンボ-01
トンボは見たいものは遠くて・・・・
慰めてくれたのはアオイトトンボ君。
かなり個体数が増えてきたように思う。




オオアオイトトンボ-01
一見オオアオイトトンボ。
「あれ?アオイトとの違いは・・・??」
確か尾部産卵管の長さとか、模様とかで識別できたはず。
と思い出して、やはりオオアオイトと納得。
バリバリとアジアイトトンボを食べていた。
トンボは可愛らしい歌などもあるが、結構貪欲で怖い奴でもありやす。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは 撮りまくってますね!!

カメムシ、調べて見ましたが確かに該当種が
見つかりません。確かジダンさんが図鑑1式
お持ちだったような・・・。

形はクチブトカメ族に似ていますが、ポピュラーな
種には当てはまるのがいません。
カメムシ族かもしれませんが、これも決め手なし。
図鑑を詳細に調べるしかないようです。
大きさが識別ポイントのひとつになります。

アオイト族がトンボを食べるのは初めて見ました。
割と上品で共食いまがいのことはしないと思って
いましたが(笑)。
この個体、腹が太短いのでアオイトのメスのような
気がします。成熟すると粉を吹きますが、色から
して未熟っぽいですね。
オオアオイトは腹がすらっと長い感じです。

No title

つばさ2号さん。そうそう。クチブトカメムシの仲間かと思い、色々当たってみましたが、類似するものすら見合有りません。もしかしたら珍しい物なのかもしれませんね。
大きさは20~25mmの間位だったと思います。

そうですね。確かにアオイトの仲間がトンボを食べているのは初めて見たかもしれません。イトトンボの仲間は結構見られるのに意外な感じがします。
ご指摘ありがとうございます。当個体は胸部の金緑部分が第2側縫線に悠々と達していて、産卵管の長さも腹端とほぼ同じ位置まで伸びつつ、黒色部が淡色部をぐるりと囲んでいます。文一の日本のトンボを参照すると、オオアオイトで良いように思われます。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。