スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗賊




オオミズナギドリに対する嫌がらせをするトウゾクカモメ。
餌を咥えているようにも見えなかったにも関わらず、ちょっと襲ってみた。
トレーニングの一環だろうか?




トウゾクカモメ-01
海中に沈めるかの様に押し込む。




トウゾクカモメ-02
非常に淡白な攻撃ですぐに中止。




トウゾクカモメ-03
カウンターを受ける前に素早く撤収。

哺乳類に於ける捕食側と被食側の大きな違いは、手持ちの装備にある。
ネコ科にしろ、イヌ科にしろ、牙や爪という草食獣にはあまり無い武器を持っている。
猛禽ならば、頑丈な爪と圧倒的な握力。
それに比べトウゾクカモメの類は、何が他のカモメ等と比較して優勢な部分があるのだろう。
それについて語られたものを見聞した事が無い事に今さらながら気づいた。




トウゾクカモメ-17TR
普段は孤高の盗賊だが、個体数が多いとこんな風にタンデム飛行。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トウゾク

ほ~このカモメは空中で襲うのですか。
猛禽類にあこがれたのでしょうか。その思いが強くてこうなった・・・。
んなわけないですね。

No title

KAEDEさん。水陸空おかまいなしで襲うようです。
子供の頃にペンギンの雛を襲うオオトウゾクカモメのフィルムを見て、「にっくき盗賊め!」などと歯軋りしたのを思い出します。

彼らの生息域が極地に近いことも有り、猛禽が少ない為に、ニッチの一端を引き受けたのかなと思います。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。