スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高地で!!

8/13~14で新潟と長野の県境辺りを廻った。
標高の高い所は流石に色々と楽しめた。

初日は新潟。高層湿原といってもそれほど管理されていない所。その成果は・・・・・


タカネトンボ♀-04

タカネトンボ♀-05
タカネトンボ
森の中の小さな池に産卵に来ていた。産卵シーンをじっくり見るのは初めてなので嬉しかった!
ひっきりなしに♂が廻っているのだが何故見落とすんだろう??
じっくり2分くらいは同じ場所で産卵していた。


場所を移動して、やや荒れた感じの水面が僅かに覗く様な湿原。

エゾトンボの仲間が飛んでいる。
私が聞いている、典型的なエゾトンボ的な環境なので色めき立つ。


エゾトンボ-13
エゾトンボ


エゾトンボ-03
エゾトンボ
尾部を確認。
タカネトンボより若干ホバの時間が長い。しかしタカネほど一定の所で停止しなかったように思える。


その他この辺りでは。


ヒメキマダラセセリ-02
ヒメキマダラセセリ(でしょうか)


サラサヤンマ-02
サラサヤンマ。
高地では8月でも見られるとは聞いていたが、なかなか嬉しい出会いだった。


コエゾゼミ-02
コエゾゼミ。
近所ではまず見られないので記念に。


少し山を下りた公園では・・・


セアカヒメオトシブミ-02
セアカヒメオトシブミで良いと思う。
訂正 どうやらただのオトシブミのようです。祝初撮影。
と、思っていたらすぐ横に


ミドリシジミ-05
ミドリシジミ(であろう)
目の前で産卵を始めた!!!
と、もう一頭ゼフ???
えー!表面が青いゼフ??


アオバセセリ-03
アオバセセリだった。
勝手に春の蝶だと思っていたのだが。
これも初めて見た。
さらに10歩くらい歩いたところに(ほんとに大袈裟でなく)


トラフシジミ-03
トラフシジミ。
ここではすっかり蝶の歓待を受けてしまった。


モノサシトンボ-03
モノサシトンボ
はは!トンボがついでになってしまった。






翌日長野側

こちらはここ数年続けてきているので余程の事がない限り外れはないとは思っていた。
その成果は


カオジロトンボ♂-01
カオジロトンボ♂


カオジロトンボ♀-04
カオジロトンボ♀
ここでは最優先種かな?
不思議なもので、日照が乏しく気温の低い時には、人間の動きに非常に敏感であまり近づけない。
ところが、気温が上がるにしたがって無頓着になってくる。
普通逆だと思うのだが。


オオルリボシヤンマ♀-04
オオルリボシヤンマ♀
これも当地ではどこでも見られる。
それでもやはり「ヤンマ」というとウキウキする。


ルリボシヤンマ-02

ルリボシヤンマ-02TR
ルリボシヤンマ
最初オオルリボシだと思っていたが、どうもホバリングの時間も長いし環境にも違和感があった。
モニターで確認したらルリボシだった。


そして、個人的にはこの環境ではぜひとも探し出したいのが・・・


ヤバネハエトリ-04
ヤバネハエトリ
オレンジ色の矢羽模様が美しい。
高地に住む鳥はおっとりしているものだが、クモもそうなのだろうか?


そしてこちらも蝶が物凄く一杯。
以下は図鑑等で自分なりにこれかな??と同定してみた物なので間違いはかなりあると思われる。


コヒョウモン-02
コヒョウモン(かな?)


オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン(まったく自信なし)


ウラギンヒョウモン-01
ウラギンヒョウモン??


アサギマダラ-02
アサギマダラ。これは自信あり(苦笑・・・こんなのしか・・・)

その他大好きなキベリタテハやクジャクチョウ、さらにはヒオドシチョウらしき物なども見られた。


蝶以外にも


ハンノアオカミキリ-02
ハンノアオカミキリ
背面からどうしても撮れなかったのが悔やまれる。


アカハナカミキリ-01
アカハナカミキリ


アオハムシダマシ-03
アオハムシダマシ
盛夏にも見られるのは高地だからだろうか?
それにしても何度見てもため息の出る美しさだ。

またしてもあまりにも満腹の成果。
その他にも色々見られたが、とても全部は載せきれない。
成果を上手く消化できていない。

実際2日間ずーっとお腹下してたりして。
また痩せてしまった・・






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トンボ&新潟

お腹一杯状態が良く分かります。ご満足そうで何よりですね。
「産卵シーンをじっくり見て、でも、雄が廻っていて・・・」というと、
近くで?それとも、けっこう距離をおいて?見ていたってことですか?
素人なので、どうもイメージがわきません。
ところで、私も新潟(実家)に行っていました。
帰りは14日の昼前に実家を出発。渋滞知らずでした。
らーしょんさんは、渋滞大丈夫でしたか?

No title

てんこ盛りスペシャルでしたね。
トンボだけでなく虫全般ともなるとあれこれ忙しいですね。
2日間じゃ物足りないでしょう。
鳥屋さんなのに~。(笑)

No title

チョウがたくさんですね!あやかりたいです。
お花と一緒でどれもきれい~。
トンボもホバ写真、とっても美しいですね。
トンボの名前は覚えてきましたが、顔と一致しません~。汗

No title

KAEDEさん。巻き込まれましたよ。大渋滞。
14日の17:00位に出たのですが、松井田辺りから断続渋滞だったので、下仁田で降りて下道です。ぁトータル5時間弱なのでまぁしょうがないかって感じです。

トンボ♂は♀の産卵場所から2m位の所を飛んでいるのに見つからないんです。♀探して飛んでるはずなのに何故?と思ってしまいます。

No title

ジダンさん。本当にお腹いっぱいでした。
一つ出ると、折り重なるように、違う物が我も我もと顔を出すような感じでした。
他にも興味深い物はまだまだ見ています。
やはり山は懐が深いです。

そうそう鳥はルリビの♀は撮れました。
ホシガラス、メボソムシクイ、ウソが見られました。

No title

noriさん。ここは本当に蝶が多いんです。
トンボは種類が割と限定されていますが、蝶は多種類見られるみたいです。
それでも今年は例年より少なかったようです。

蝶の名前はだいたい聞いた事があるのですが、特徴が分からないのは私も同じです。(苦笑)

No title

盛りだくさんの旅行でしたね。
チョウもトンボもカミキリも、ハンノアオカミキリって
めちゃくちゃキレイですよね。見たいな・・・よだれ(*_*)
またどこか行きたくなります。

No title

tokiさん。なんだかあれやこれやてんこ盛りで。
常に何かを見ているか撮影している感じでした。
時間が過ぎるのが、まー早い事。

ハンノアオカミキリってルリボシ以上の美麗種と思っていたので、嬉しかったです。
でも、やはり背面から撮れなかったのは残念ですね。

No title

ハンノアオカミキリ見たことは無いけど、いま図鑑で見たら背中綺麗ですね!!
らーしょんさんが、背中側から撮れなかったのを悔しがられるのが良くわかりました。
それに加えて、エゾトンボもサラサヤンマも羨ましい!!
なんか、すごく良さそうな所ですね。

「また痩せてしまった・・」なんて云ってみたい(^^:)

No title

あんさん。良い所でした!
特に新潟側は初めて行った所だったのに、物凄く盛り上がりましたよ。
ハンノアオカミキリは凄絶な美しさですね。なんであんなに綺麗なんだろう。

私、痩せても腰の上の肉は落ちないんですね。
で、後ろから見ると老人みたいに見えるらしいんです。涙・・
それだったら全体に肉付いてた方がいいんじゃね?なんて言われて。

No title

成果盛りだくさんの遠征でしたね。
これだけ満腹なら、渋滞何のそのですね。
ハンノアオカミキリ、みなさんと同様、見たいです。
ゼフも盛期に行けばすごいのでしょうね。

No title

mtana2さん。仰る通り帰りはニヤニヤしっぱなしでした。
本来の目的のトンボが予想以上に見られたのに加えて、他の物もアオバセセリやハンノアオカミキリなどの美麗種も見られましたし。

それにしても当地の蝶の多さには驚きです。

プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。