スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒いっ!

このところ、平日も昼間は動けるのでちょこちょこ出かけている。
あまりにも寒いので遠出までする元気はないけれど、あれこれ見られた。


ウスタビガ-01
ウスタビガの繭
久しぶりに見た気がする。
この季節に昆虫の痕跡は貴重です。


湖にはヨシガモが今年も来ている様なので探しに行く。
が、いないぞ~。
丹念に双眼鏡で探していたら(ヨシガモなら丹念に探すまでもないだろうが!)
カンムリカイツブリ中に変なのを見つける。

アカエリカイツブリ-01
アカエリカイツブリ。
こんな内陸で会えると新鮮!
距離が遠くて豆粒だったが。
(じゃ、デジスコあるんだからもってきゃいいじゃん)


ぽつぽつ歩いているとnさんに遭遇!
ヨシガモのいる場所を教えて頂く<(_ _)>
ちょうど園路から死角に入っていて通り過ぎてしまった様だ。

ヨシガモ-08TR
ヨシガモ

ヨシガモ-13TR
独特のフォルムが堪りませんね。カモのオスは妙な色気がある。


カンムリカイツブリ-01TR
夕暮れのカンムリカイツブリ




寒くて出かけない時は庭のお客さん。

メジロ-01TR
メジロ

メジロ-02TR
半分以上凍った水の中。寒くないの??


ヒヨドリ-01
ヒヨドリ
普段は憎たらしい事も多いけれど、可愛らしい顔をしている。


キジバト-01TR
キジバト
一番の常連
最近催促されてるように思える事もある・・・・




またまた近所で。

コクマルガラス-05TR2
コクマルガラス。淡色型
今日は150羽程度のミヤマガラス群中に15羽程度と高濃度分布?


ニュウナイスズメ-01
ニュウナイスズメ
息を止めて飛び立ちの瞬間を待つ。


だが、今日もこんな面々がいてスズメやカワラヒワは全く落ち着きがない!

コチョウゲンボウ-01
コチョウゲンボウ


チョウゲンボウ-04
チョウゲンボウ

チョウゲンボウ-05
ホバリング!
♂のチョウゲンボウはここでは珍しめ。

猛禽についてはそれはそれで嬉しくもあるんだけど。
スズメは落ち着かないので複雑な感じだな~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はお世話さまでした~。
緑色の繭、美しいですね!
豆?ってかんじで、まさか繭とは思えません。

アカエリは、最近よく彩湖行ってるのに気づかず。反省しました。
ご近所、相変わらずの賑わいですね!

No title

noriさん。仰る通り枝豆みたいに見えます。
卵塊等は目立たない様な色彩が多いと思うのですが、何故こんなに綺麗なんでしょうね?

湖ではどうもでした!
アカエリはたまたまで・・・・・・
それよりヨシガモ教えてもらってありがとうございました。
まだまだ近所盛り上がってますよ!

No title

アカエリカイツブリの第一発見者はらーしょんさんでしたか。
納得。
お庭も大繁盛ですね。
我が家には今日ハシボソガラスが水を飲みに来ました。
庭リスト1種プラスでしたが、どうせならカワラヒワとかツグミが嬉しいな・・・。

No title

水場も凍っていますね。
見るからに寒そうです。
最近少ないけど、湖は
「2の字2の字のカンムリカイツブリ」…字あまり(^^;)
他いろいろ良かったですね。

No title

ジダンさん。海鳥系はジダンさんに鍛えられているので、得意分野です。(嘘です、ウソ!まったくまだまだで)

水場にカラスですか!
それはそれで驚きです。
カワラヒワって声は家の庭でも良く聞くのですが、水場には降りてきません。
あまり水浴好きじゃないのかな。

No title

tokiさん。鳥類は気化熱を利用した体温調節ではないにしろ、寒くはないのでしょうか?
氷が張った水に入るのは罰ゲームだったりして。笑

2の字って他の水鳥を制して、カンムリカイツブリが一番しっくりですね!

No title

ニュウナイスズメの写真、お見事ですね!!
それぞれ違った飛翔で、色も綺麗ですねぇ。
電線に止まっている姿とは、まるで別物。
今年、赤い鳥になかなか出くわさないけど、
これも赤い鳥ですねv-218

No title

あんさん。ニュウナイスズメの飛翔はタイミングが難しくて一日粘っても撮れないこともあります。
完璧なのはまぁ無理なので、そこそこで満足するようにしています。笑

そうですね!
今期は特別に赤い鳥にランクアップしてあげたいですね!

No title

冬枯れた枝にぶら下がるグリーンは見つけるとうれしいですね。
夕暮れのカンムリ、よい雰囲気です。
ニュウナイの飛翔、前のカワラヒワの飛翔、こういうのなかなか撮れません。

No title

mtana2さん。なにしろ昆虫やクモの痕跡を見つけるのが難しいので、何を見つけても「おっ!!」という感じになりますね。
私もフユシャクは挑戦してみたいと思っていたのですが・・・

小鳥の飛翔は飛び立つ瞬間にシャッターを合わせるので、呼吸が苦しくなります。笑
でも、クロスジギンの飛翔に比べればまだまだ易しいかもしれません。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。