スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航路探鳥 その2


帰りも揺れが心地よく熟睡。
静かな所より良く眠れるのはいつも通り。
そして寝過ごすのも毎度の事。

7:00にデッキに出てみるとすでに観察している方がいた。
ベテランの方で航路探鳥はかなり慣れている様だ。
昨日往路・今日復路の弾丸行程だそうだ。

昨日はコアホウドリが100+、クロアシは出現せず、アホウドリは幼鳥が出たそうだ。
さらにフルマカモメも多かったらしく、淡色型も2個体観察されたらしい。

当日もコアホウドリは頻繁に見られる。
私は途中から数えたが、それでも25+だった。
全行程だと50羽は超えていたと思う。


コアホウドリ-01
コアホウドリ
雪の中。幻想的な風景だった!


コウミスズメ-01TR
コウミスズメ
早い時間(9:00前)だとまだギリギリ見られる。


エトロフウミスズメ-03TR
エトロフウミスズメ
去年と同様10:00位が一番船に近い所で見られる。
往路は大群ではあるが距離は遠い。
航路が微妙に往復でずれるのか、いつも同じような出現パターンになるようだ。


クロアシアホウドリ-01
クロアシアホウドリ
昨日はクロアシは出ていなく、アホウドリの幼鳥が出たとの事で緊張感が走る。
しかし、残念ながら??この個体はクロアシの様だ。
この時点で10:00
30分ほど前にも黒いアホウドリが遠方に見られた。(種不明)


フルマカモメ-02TR2
フルマカモメ
非常に遠いうえに小雪がちらつき、写真は難しかった。
初列基部の白ははっきり見て取れた。
嘴の太さは今一つ実感できなかったかも。


午前中はその他、オオハムorシロエリオオハム、ウミアイサ、ハシブトウミガラス、ハイイロヒレアシシギ等が見られた。
ミツユビカモメをあまり見なかったのだが、そういう物なのだろうか?


正午過ぎからはビックリするくらいなにも出ない???
天気が良くなり、風は南に変わり、さらに船が南行している事もあり、段々暖かくなってくる。
たまーにハシブトウミガラスとコアホウドリが見られる程度でまったりムード。
しかし14:00過ぎに私と反対側の舷側から観察されていた方が「アホウドリ!」
と呼びに来てくれた!!

アホウドリ-04TR2
アホウドリ(亜成鳥)
遠かったが幼鳥ではないのでクロアシ等との差は歴然。
上面に一対の白斑がはっきりと見て取れる。

アホウドリ-04TR2 - コピー

さらに顔も白くなっているため、遠距離から見ると嘴との境界がはっきりせず、暗色の海を背景にすると長大なピンクの嘴にみえる。
距離はかなりあったが見る事が出来て良かった!
コアホウドリに比べソアリングも上下動のスパンが長く豪快に感じた。
(欲目かな?)


キタオットセイ-02
キタオットセイ
14:00を過ぎると頻繁に出現。
今日は愛想が良くなかった。
タイヤの様にプカプカ浮かんでくれなかった。

16:30まで観察を続けたが、あとはハイイロヒレアシシギ、オオミズナギドリ等を見るに留まった。
往路の観察初めにウトウと思われる物は見たのだが復路は×。
さらに驚きだったのは、ウミスズメをまったく確認できなかった事。


疲れたがなんとも楽しい3日間だった。
今度は夏の落石クルーズなども行きたいな~!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪の中のコアホウ、すごいです~。幻想的ですね。
アホウドリもいいですね!
ていうか、らーしょんさんの絵が、ちょっとした作品みたいになってて
そっちに持ってかれました。笑

↓のシマエナガも、めっちゃかわいいですね!
誰かが落ち武者みたいって言ってて、楽しんごといい、そうとしか見えないです。。。

夏の落石。いいですね~~(^ ^

No title

やはり大苫航路は半端じゃないですね。
いや~とにかくいろいろ出ましたね。
読んでるこちらまで見たような気分になって来るから不思議です。
満腹です。
アホウドリはやっぱり羨ましいな~。

こんばんわ

すごいですね。
上陸のシマエナガ、本当にブスカワイイですね。
愛嬌もたっぷりだし。

素晴らしいツアーですね。
今度、行程を教えてください(笑)

No title

noriさん。雪の中のコアホウは良い機会に恵まれました!
アホウドリの絵は写真が悪すぎ、zoomすると訳が分からなくなってしまうので、やむなく書き足しました。^^;

シマエナガ。ずい分可愛い落ち武者だ事。笑

海鳥を見ているとどんどん欲が出てきて、やはり落石には行ってみたくなりますね!

No title

ジダンさん。仰る通りまったく満腹状態でしたよ。笑
アホウドリはこの航路今の時期はそう稀ならず見られる様ですね。

八戸~苫小牧も楽しいみたいですね。
エトロフの群れを撮っておくと、中にウミオウムが混じってたりとか・・・って噂も聞きましたよ。

No title

hiiragiさん。シマエナガいいですよね~。
私もこんなに可愛いとは思いませんでしたよ。
気のせいか本州のエナガよりも一回り大きく感じました。
動きも少しゆっくりだった様な?

行程の件了解で~す。

こんばんわ

詳細な行程を教えていただきありがとうございました。
こういう鳥見旅もあるのですね。
行ってみたいなぁ。
でも、この行程もやはり時期があるのですよね。
もう遅いですよね。
来年のお楽しみかな。

No title

hiiragiさん。4月に入らなければ同種類の物がほぼ観察されると思われます。
海は季節の進行が若干遅いようです。

また、夏や秋には違った種類の海鳥が観察されるようで、違った楽しみが有りそうですよ!!

No title

アホウドリ カッコいいですね!!
遠くても、これだけ大きいとシッカリ見た!!という気分になれますね。
白斑があるのか・・
見たことないんですよ。
海鳥識別ハンドブックをとりだして「なるほど、なるほど」と、楽しんでいます。

No title

あんさん。そうなんです。
アホウドリは大きいので遠くても存在感抜群ですね。
これは第3ステージとでもいうのでしょうか?
亜成鳥だったので分かりやすい個体でした。

反対側で観察されていた方がわざわざ呼びに来てくださったので、感謝!感謝でしたよ。

No title

アホウドリ良かったですね。
ここでちょっと予習しなければ…。
オットセイは分かりそう(^^;)

No title

tokiさん。
アホウドリは幼鳥だとクロアシとの違いが難しいですね。
このくらいの個体だと識別も簡単!

オットセイはさすがにわかりやすいですね。笑
アザラシとも全然違いますし。
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。