スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落石クルーズ


遠征最初の山場、落石クルーズ。
このところ天候も安定していて鳥果も良いようだ。
根室周辺は快晴!
と勇んで漁港に向かったのだが、海が見えたその瞬間・・・・
周囲は濃霧だった・・・
うゎーっ!こりゃまいったね~。
霧があってもエトピリカは安定して見られる様なので、これ以上悪くならない様祈る。

乗船手続を終え、外に出るとすれ違う車の中に見知った顔が!!
なんとMさんだった。
右も左も分からないので知人に会えたのは吉兆!

定刻に出航!
霧は相変わらずだが思ったより視界は効く様だ。
港周辺にはアマツバメ。
港を出るとすぐに海鳥が出現。


Dウトウ-02_
ウトウ
おー!夏羽!夏羽!なんて興奮して撮っていたが、ガイドの方が「万遍なくいるので帰りには誰も撮りません」
と言っていたが、本当だった。


Dチシマウガラス-01_
チシマウガラス
左舷前方から飛び立ったヒメウ???
なんとなく顔が角ばった様な、全体にバサバサした様な違和感があった。
とにかく写しておこうと思った時はすでにお見送り状態。
ガイドの方はずーっとその個体を追尾していたが、チシマウガラスでほぼ間違いないとの事!
後姿でも写しておいて良かった~。


そしていよいよメインのポイントに到着。
不思議だがその後すーっと霧が晴れていくではないか!!
ユルリ島:モユルリ島の間はまさに海鳥天国。
岸壁上のオオセグロカモメの群中には時折オジロワシが見られる。
そして、たくさんのウトウの中にいた!!

Dエトピリカ-04_
エトピリカ!!!


Dエトピリカ-02_
モユルリ島を背景に。


Dエトピリカ-07_
おー!近いぞ!


dエトピリカ-18_
三羽一緒に。
いやー贅沢極まりない時間だ!


Dウトウ-04_
ウトウは非常に多い。


少し回り込んだところには


Dゴマフアザラシ-02_
ゴマフ?アザラシ


Dケイマフリ-01_TR
ケイマフリ


Dケイマフリ-06_
ケイマフリ
後姿も可愛らしく思えてしまう。

エトピリカに関しては鳥見を始める前から面白い姿の鳥がいるな~。
と関心が有った。
ようやく見る事が出来てとても幸せな気分だった。
まだポワ~ンと浸ってるような感じだす。


次、トンボ行きま~す!!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

北紀行されたのですね。
いいなぁ、うらやましいなぁ。
エトピリカ、見たいなぁ。

前回の航路探鳥とこの北紀行、しっかりと時期をメモさせていただきます。
冬の根室はジダンさんのアドバイスで実現しました。
ラーションさんのこれらのツアー、来年あたり実現したいなぁ。

No title

エトピリカ、3羽同時に撮影とは・・・
ん~~、これはますます行かなければならないでしょう。(笑)
実は密かに今月にでも行ってしまおうかと画策中。
でも苫小牧から根室まで行くのに良い交通手段が見つかりません。
以前は釧路まで夜行列車があったはずなのに・・・
今回のルート、参考までに教えてもらえると嬉しいです。v-435

No title

チシマウガラス、すごー!(*_*)
エトピリカも近くで見れて良かったですね。
私もあこがれの鳥でした。
ケイマフリほんと、かわいいです。
トンボ期待!

No title

hiiragiさん。エトピリカよかったですよ~。
昨年も今年もクルーズ船ではほぼ100%近い確率で見られているようです。
これだけでも相当価値があると思いますので是非!!!!

来年と言わずにこれからでも十分と思いますよ!

No title

ジダンさん。確か最大4羽同時に視界に入っていたと思います。
誰もレンズを向けないとすぐ船べりまで寄ってくるのも稀ではないそうです。

今回は時間的な制約もあったので釧路まで飛行機なんです。
その後レンタカーで移動でした。
落石~野付半島や春国岱辺りだと標津辺りからの方が便利かも知れませんね。

No title

tokiさん。チシマウガラス直感に従って撮っておいて良かったです。
自分が「???」と思ったものがやはりウガラスだったというのは嬉しかったですね。
惜しむらくは後姿・・・・(苦笑)

ケイマフリは海鳥の中ではくりっとして可愛らしいですね!
外国人バーダーはエトピリカには目もくれず、ケイマフリにエキサイトするそうです。

No title

エトピリカすごいですね!
近くではっきりくっきり。かわいすぎます。
モユルリ島バックの写真も、好きです。
ケイマフリもすっごいよく撮れてますよね(* *
来年は、落石行こうかな~~。

No title

やりましたね~、エトピリカ。
霧も晴れて、最高ですね。
後姿のチシマウガラス、よく対応できましたね、さすが!

No title

noriさん。エトピリカ見られて嬉しかったですよ~!
長い間憧れていたので感激もひとしおです。
ケイマフリも思った以上に可愛らしかったです。

来年と言わず今年でも(キツイか?)是非行ってみてください。
短時間に海鳥がギューッと凝縮されています。

No title

mtana2さん。クルーズ万々歳でした!
ユルリ・モユルリ島の周囲だけぽっかり霧が晴れていて、それは素晴らしい世界が広がっていました。

チシマウガラスはまだ霧が濃い海域を進んでいた時にも関わらず、何故だかタイミングよく発見できたようです。
船を降りるまで撮れていると思わなかったのですが、下船後モニターを見たら後姿とは言え撮れていたので驚きました!

No title

北海道だったんですね!!
このクルーズも知りませんでした。
手元に地図を広げながら、コースを辿ってみました。
手ごろな距離で、見られた鳥は素晴らしいし、
いやぁ…行きたいですね。。
エトピリカなんて見られたら嬉しいだろうなぁ!!

No title

あんさん。行ってきました!!
エトピリカは見られる確率が低いと勝手に思い込んでいたので、長年二の足を踏んでいたのですが、当クルーズでは去年も今年も一度だけ観察できない日があったほどで、出現距離やシチュエーションに多少の差はあれどもほぼ確実に観察できるようです。

それは、もう嬉しかったですよ~。
是非行ってみてください!!
プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。