スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春のタカ・変温動物等


年明け早々色々な物を見つけた。

まずは縁起物のタカから。




チョウゲンボウ-01
近所でチョウゲンボウ。
二日の強風の中、風に逆らってホバリングしながら餌を探す。




ハヤブサ-01
チョウゲンボウがいなくなった後
周辺にいたトビにモビングにタカが1羽。
チョウゲンボウが戻って来たのかと思ったが、ハヤブサの若鳥だった。



チュウヒ-01
広大な芦原にて、チュウヒ。




ハイイロチュウヒ-02
16:30過ぎに帰ってきたハイイロチュウヒ。
年明け以降でこれだけ見られればまぁ満足。
しかしやはり新春のタカといえばオオタカ成鳥が好ましいな。



ベニマシコ-03
芦原ではおまけにベニマシコも!






虫などもぼちぼち見られる。




キレワハエトリ-02
キレワハエトリの幼体。
極々小さい。
1mm位ではなかっただろうか。
1月に自然な状態でハエトリを見たのは初めてなので、一人盛り上がった!




ヒメヨコバイSP-02
ヒメヨコバイSp
緑のヒメヨコバイはとうから識別を諦めている。




ホシヒメヨコバイ-01
ホシヒメヨコバイ。
このヨコバイも模様に個性が有る様だ。



スズキヒメヨコバイ-02
スズキヒメヨコバイ?かな?
ちょっと輝きが強すぎるようにも感じるが。


しつこい様だが、タカが沢山見られたのは勿論嬉しいが、
それ以上にこの寒い中のハエトリ発見は最高に嬉しい!




タカ渡り


年に一度のタカ渡りを見に行った。
平日にかなり飛んだようだったし、当日も南西の風が予想されたので、状況は悪そう。
しかしハチクマはまだあまり通過個体数が多くないとの事だった。
サシバは今迄とは比較にならないほど少なかったが、ハチクマはまずまず!!


ハチクマC-01
タカ柱。
これを見ると来てよかったな~と思う。


ハチクマA-02
今回は山を背景に何度か撮れたハチクマ


ハチクマA-03
翻って稜線上にでると観察しやすい。


チゴハヤブサ-01TR
ここでは個人的に初観察のチゴハヤブサ。
案外ゆったりと飛んでいたのが意外!!


ハリオアマツバメ-02
で、相変わらず暴力的に速い!!ハリオアマツバメ。
風上に向かって突進。
素晴らしい飛翔力。
はっと気づいたときははるか遠方。
なんとか下尾筒の白が・・・・
今年もダメだったな。



ムツアカネ-02
ムツアカネの♀を発見。


オツネントンボ-01
ちょっと離れた河原では今年もオツネントンボ。


今年も濃い~一日だった。(^_^)v


台風


先日の台風。
かねてより荒天の中の昆虫はどうやってやり過ごすのか?
興味があった。
流石に外に出て探すわけにもいかないのだが、何故か少し昆虫が見られた!


ウスグモスズ-01
こちらはちゃっかり家の中に避難。
コオロギの仲間のウスグモスズと思われる物。
帰化種らしいのだが最初に発見されたのが東京????
なんだか訳のわからん様な話をどこかで読んだ。


アゲハチョウ-01
こちらは比較的風が避けられる場所に避難していたアゲハチョウ。
健気にず~っとしがみついていた。






午後は晴れてきたのでちょっと鳥でもと出かけてみた。


アオアシシギ-07
お!いたいた!アオアシシギ。


アオアシシギ-08
どんどん近寄ってきて・・・


アオアシシギ-05
目の前を右往左往!


セイタカシギ-01
ちょっと離れた沼に沼アジサシでも入ってないか覗いてみたが・・・
いたのはセイタカシギ。
後は今季初認のコガモ!


チョウゲンボウ-01
かなり大きく見えたチョウゲンボウ姉さん。
車の中からのんびり撮影。
足元に飛び込みバッタらしきものを捕らえ飛び去って行った。



変わり目


季節の変わり目。

観察対象の変わり目でもある。

徐々に変温動物から恒温動物に対象が移っていく近頃。


コシボソヤンマ-01TR
先週位までは頑張ろうと思っていたコシボソヤンマ。
今年初めて2匹の♂の争うのを見た。
天候不順でこの写真は雨の中だった。
撤収間際苦し紛れの一押しがなんとか一枚だけだったが引っ掛った!
直後、物凄い豪雨で退散。


ヤブキリ-01
往路で見つかったキリギリスの仲間。ヤブキリ(でよいのかな?)


サトクダマキモドキ-01
こちらサトクダマキモドキ(だろうか?)


カゲロウSP-01
これにそっくりな渓流釣り用のフライは検索すると沢山出てくる。
しかし肝心の種名が不明なカゲロウ。


アカガエル-01
水辺で見る事は案外少ないアカガエル。


トウキョウダルマガエル-01
トウキョウダルマガエルがたくさん!
変態してからそれ程経っていない個体だろうか。





田圃にはシギやチドリを探しに!


タカブシギ-01
春以来。当たり前か。
タカブシギ嬉しい出会い。


オオジシキ(チュウジ?)-01
チュウジシギ?
飛翔時の識別方法???
降りている時でも難しいのに(^_^;)
むしろ飛んでる時の方が良い識別点あったりしないかな?


タシギ-01
こちらはタシギ。


徐々にこちらも鳥にシフトしていくな~♪





爬虫類~干潟


最近見かけた爬虫類
同じような形態でも幼体と成体では可愛さはかなり異なる。


ヤモリ-02
我家の玄関先にいたヤモリの子供。
クリクリ目玉・これは可愛い!


ニホントカゲ-01
こちらはニホントカゲ成体。
可愛くない事はないのだがちょっとヌルッとした質感で・・・・
無条件に可愛い!という感じではないかも。

しかしヤモリも成長するにつれ、ちゃんと強面になるし、トカゲの幼体も普通に可愛い。
爬虫類も子供は可愛く、大人になるにつれ可愛げはなくなる。
蜘蛛などでも、ヒメグモやハエトリグモの幼体はちゃんと可愛いもんな。




クビアカトラカミキリ-02
近所でケヤキの伐採木を見つけた。
何かいないか探してみたら・・・・
おぉ~。もしや・・・・などと期待したがクビアカトラカミキリだった。


クビアカトラカミキリ-03
時期的にブドウトラか?と思ったが流石にケヤキにはつかないだろうな~。
発生時期が比較的早く、姿を消すのも早かったクビアカだが、今時分に大量発生していたのは驚きであり、また私的には貴重な観察となった。
こうやって地元で積み上げていくのが自分の身の丈にあってると思う今日この頃である。






オバシギ-08
久々の三番瀬
オバシギが近くで楽しませてくれた。

オバシギ-07
シギチの全力羽繕いは見ていて楽しい。


ウズラシギ-01
干潟では比較的珍しいウズラシギ。


ハジロコチドリ-01
ハジロコチドリも早くも見られて嬉しい!


オオメダイチドリ-01
10年ぶり・いや、もっとかな~?
オオメダイチドリ幼鳥


オオメダイチドリ-02TR
あまりに久々なので真横から撮りたくて、撮りたくて。


オオメダイチドリ-03
しかも2羽というのが嬉しい。

オオメダイやハジロコチドリは遠かったが、見られただけで十分に満足だ。



かんばん
往路見かけた変な看板。
某ハウスメーカーの物。
誰も、どの時点でも誤字に気付かなかったのだろうか?
いやいや、あえての誤字で関心を引くという高等戦術なのだろうか?

私の住んでいる北足立北部は、いまだに清原の西武入団当時のポスターがはってある薬屋さんもある。
宣伝ワンダーランドなのかもしれない。



プロフィール

らーしょん

Author:らーしょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。